ランニングから帰って来た私を出迎えてくれたアビのすけ君。


iPhone_20200119-1955-1これは、昨日の晩の8時前、昨日は眠くなって来たので、いつもよりも1時間早い時間に走って来たのですが、帰って来たら、アビのすけが玄関で私の事を待ってくれていました。

なんて健気な奴って一瞬、思いましたが、アビのすけからすると、ただ、毎晩のご馳走の缶詰が食べたかっただけの話で。

iPhone_20200119-1955-2一緒懸命、私に絡んで来るアビのすけ君。

iPhone_20200119-1955-3元気があり余っていて、悪戯したくて仕方がないアビのすけ君。

iPhone_20200119-1955-4ラティスの間から手を伸ばして、私のランニングシューズに悪戯しようとしていたアビのすけ君。

iPhone_20200119-1955-5本当に、笑ってしまう位に元気です。

iPhone_20200119-1955-6この後、私はお風呂に入って、その後、アビのすけに缶詰を出してあげました…、それはそれは、喜んでハフハフ言いながら食べていたアビのすけ君でした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です