私の事を待ってくれている猫たち…、遅くなってごめんよ…。


待ってくれている猫たち。これは、5日前の我が家ですが、晩の10時半過ぎ、私の事を待ってくれていた猫たち。

最近は特に、晩になっても、私の仕事と言うか作業が終わらず、今までは21時頃には2階に上がっていたのですが、最近は毎晩、22時半を回ってから2階に上がっていて、特にアビのすけには寂しい思いをさせています。

ロシ子とアビのすけ。写真にも写っていますが、ピンクのお皿にはアビのすけのご飯のカリカリが残っていて、なので、アビのすけはご飯を待っているのではなさそう…、私を待っている様なのです。

日中は一人のアビのすけ。日中は、私はほとんど仕事部屋に籠っていて、なので、アビのすけと絡む事はほぼなく、アビのすけにとっては、晩の時間が私との憩いの時間なのです。

すぐに寝る私。10時半を回ってから2階に上がっても、私は晩11時には寝たいので、2階に上がって即、寝る時もあって…。

ロシ子とは、昼間はずっと一緒にいるので、晩は距離を置いても問題ないのですが、晩、私が布団に入ると、すぐにアビのすけが私の布団に入って来て、フガフガ、ゴロゴロ言って来るので、私もたった5分位ですが、全力で撫で撫でしてあげてるのです。

そして、この動画もアップさせて頂きました。

これは、上の写真の前日の晩、戸を開けて脱出を試みていたアビのすけ君…、外から掛け金でロックをしているから、アビのすけ君、戸は開かないんだよ。

部屋から脱出して、1階の私の所に来たかったのか…、1日1時間でも、余裕の時間が欲しい飼主です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です