また、アビのすけに皮膚炎が出来とるわぁ~…、ガッカリ…。


アビのすけの体をチェック。いきなりの話ですが、昨日、久しぶりに、アビのすけのボディをチェックしたのですが、もう、ガッカリです…、また、皮膚炎が出来とった…。

もう、あまりにもガッカリしたので、今日はその事実だけをアップさせて頂きます。

右内太ももに皮膚炎。これ、アビのすけの右膝の内側、右の内太ももと言った方が良いかな…、ここには以前も皮膚炎が出来ていたのですが、また皮膚炎が…。

この皮膚炎は、今年になって15個目の皮膚炎なので、皮膚炎15号…、なんでこんなに出来るかね…。

皮膚炎15号。肌がピンク色になってしまってて、これは、出来立てホヤホヤの皮膚炎だな。

右脇腹に皮膚炎。皮膚炎15号だけではありません…、この皮膚炎を見つけた後も、じっくりとアビのすけの身体検査をしたのですが、別にも皮膚炎が出来とった…。

これは、アビのすけの右足の付け根、右の脇腹と言った方が良いかな…、一見、見過ごしてしまいそうですが、微かにアビのすけが舐め舐めした形跡があったので、毛を掻き分けてみると、皮膚炎が出来とった…。

皮膚炎16号。ほんと、なんでこんなに皮膚炎ばっかり出来るのよ…、これ、今年16番目の皮膚炎、皮膚炎16号。

左足に皮膚炎?これだけでは終わりません…、引き続き、アビのすけの全身チェックをしていたら、こんな所にも傷が出来とった…、アビのすけの左足の内側の側面にこんな傷が…。

皮膚炎17号。こんな所に皮膚炎は出来ないだろうと、これは皮膚炎ではなく、どっかに打って傷が出来たんだろうと思ったのですが、よーく見てみたら、なんか皮膚炎っぽいぞ…、一応、皮膚炎17号とさせて頂きます。

アビのすけの左乳首。そしてこれは、アビのすけのボディチェックをして、一番初めに気になった所でしたが、これは皮膚炎ではありませんが、アビのすけの左の乳首がカサカサになっていて。

乳首が舐めて削がれた感じ。ちょっと写真がボケてしまっていますが、アビのすけが舐め倒して、それで、乳首の先っぽが削がれている様な状況。

今週に入ってから、我が家の先住のロシ子の調子がとても悪く、只でさえ、頭の中はロシ子の事で一杯なのに、アビのすけにまで皮膚炎が出来てしまって、本当に私、精神的に疲れています。

でも、この皮膚炎も、アビのすけがなりたくてなっている訳ではないし、アビのすけもとっても可哀想な奴だし…。

薬を塗って治しても、すぐにアビのすけには皮膚炎が出来るし、以前、皮膚専門の先生に診て頂いた事もありますが、根本的な解決は出来そうもなく、ほんと、猫を育てるって大変です…、でも、猫たちからはたくさんの癒しを貰っているので、その分、私が頑張って、猫たちの健康を守ってやらなければなのです…。


スポンサーリンク

1 thought on “また、アビのすけに皮膚炎が出来とるわぁ~…、ガッカリ…。

  1. ピンバック: アビのすけの皮膚炎15号が治ってなかった…、急遽、薬を…。 | アビシニアンのアビのすけブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です