昨日からの続き…、舐めた跡、新しい皮膚炎だった…。(涙)


皮膚炎だらけのアビのすけ。今日、アビのすけを動物病院に連れて行き、ワクチン注射を打って貰って来たので、是非、その模様をブログにアップしたかったのですが、昨日のブログに「明日に続く」って告知してしまったもので、今日は、昨日のブログの「アビのすけの右足の付け根の所にアビのすけの舐めた跡が…、ガッカリ…」からの続き…。

その、アビのすけが舐めた跡の写真がこれ…、アビのすけの右膝のちょっと上、右足の太ももの辺り…。

アビのすけの皮膚炎。アビのすけの舐めた跡、毛がカピカピになっていて、その下側、皮膚の部分はピンク色になっていて、これ、明らかに皮膚炎…、ずばり、新たな皮膚炎……。

ここにもモメタオティックを。昨晩から、治りの悪いアビのすけの左足の内太ももに出来てる皮膚炎に、3日間限定でモメタオティックを塗り始めたのですが、こっちの皮膚炎も早期完治させようと、ついでに合わせてモメタオティックを。

今晩も塗りましたが、今晩、確認した時には、こっちの皮膚炎はかなり快方に向かってて、やっぱり皮膚炎は見つけたらすぐに対処、モメタオティックを塗らなければいけません…。

10分間、拘束。そして、アビのすけにモメタオティックを塗った後は、毎回、10分間、アビのすけがモメタオティックを舐めない様、監視しなければならなくて、これが案外、大変なのです…。

暴れん坊のアビのすけ君。まずは、モメタオティックを塗った後に、こんな感じでアビのすけを3分ほど拘束。

3分程で、アビのすけがじっとしていられなくなるので、そのタイミングでアビのすけに晩ご飯の1回目ご飯を食べさせて、これで4分。

おとぼけボーイのアビのすけ君。そして、その晩ご飯後、またもこんな感じでアビのすけを拘束する事、3分…、これで合計10分。

じっと出来ないアビのすけ。ただでさえ、アビのすけはおとなしくしている事が出来ない子で、常に動き回ってる、まるでマグロの様な、回遊魚の様な子なので、拘束するのが可哀想なのですが、アビのすけがモメタオティックを舐めてしまったら元も子もないので、やむを得ず、アビのすけを拘束している次第です。


スポンサーリンク

2 thoughts on “昨日からの続き…、舐めた跡、新しい皮膚炎だった…。(涙)

  1. もんきち

    薬を舐めないようにするなら、エリザベスカラーがいいと思うのですが、硬くて嫌がることも多いようであれば、アンリッカラーをおすすめします。

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      もんきちさん、こちらにも、アドバイスのコメントを有難うございます。

      私は、エリザベスカラーは5個位、持っていますが、アドバイスを頂きました、アンリッカラーに似たエリザベスカラーも、以前、買いました。
         → アビのすけに新しいエリザベスカラーを買ったけど…。
      これは、約3年前の事でしたので、当時はぶかぶかでしたが、今では多分、サイズも合うかと思います。
      しかし、我が家のトイレはカバーが付いておりまして、私が目を離している時に、アビのすけがトイレを催したら、トイレに入れない可能性がありますので、今は敢えて、エリザベスカラーなしで対応しています。
      いつも、アドバイスを下さいまして、有難うございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です