何とか堪えた…、まさに吐きそうだったアビのすけ。


とっても元気なアビのすけ。普段のアビのすけ君は、ほんとにほんとに、とっても元気なんです。

これは、今週(月)に撮った写真ですが、これ、毎日の事で、猫たちのご飯の時間が近付いて来ると、もう、アビのすけはあたふたと大騒ぎし始めて、仕事部屋にいる私に、ラティス越しにご飯を要求するのです。

同じ場面のアビのすけ。これは、同じ場面をWebカメラで見た光景…、たまたまアビのすけ、Webカメラを見てくれて、視線が合いましたが、写真の左下に写っているラティスの下側に私は座っていて、アビのすけ、ラティス越しに、私の事を眺めていたという訳…。

夜に徘徊するアビのすけ。そんな元気なアビのすけなのですが、これは、3日前の11/1(水)の晩の事ですが、今までは、夜、一人で1階を徘徊しているアビのすけの様子を見て、元気な奴だと思っていたのですが、この翌日の深夜に、アビのすけ、1階で吐いてしまって…。

危険なアビのすけ。その11/2(木)の写真は撮ってなかったのですが、その翌日、つまり昨日の事ですが、晩、やはり、アビのすけは一人で真っ暗な1階にひっそりと佇んでいて、また吐くんじゃないかって、心配に思っていたのです。

昨晩は吐かなかったアビのすけでしたが…。

これ、普通のアビのすけの動画かと思われたかも知れませんが、ちょっとペロペロしてますでしょ…。

この直前、私は1階の猫トイレの掃除をしていたのですが、急にアビのすけが餌付き始めて、まさに、いつもの吐く直前の餌付き方だったので、私は即、振り返って、そのアビのすけの様子を撮り始めたのですが…。

結果から言うと、アビのすけ、奇跡的に吐かず、耐えてくれたのですが、あのしゃくり方は、ほんとにほんとに、いつもの吐く時の直前のしゃくり方で、結局、吐かなかったので、掃除はしなくても済みましたが、でも、しゃくって吐きそうだった事実があるので、そんな事では喜べない飼主なのです。

アビのすけはどうしたのか。インドアでも吐いて、低分子プロテインでも吐いて、ご飯の種類の問題ではないと思うので、2回分けご飯にして、一気食いをさせない様にしているのですが、それでも吐くってどうなんだろう…。

低分子プロテインがもうなくなるのですが、もう1回、低分子プロテインを買って、アビのすけに食べさせるのも酷なので、今日、皮膚専門医からもお勧め頂いてる、ヒルズのz/dを発注したのですが、食事療法の前に、アビのすけの胃の検査をした方が良いのかも…。

低分子プロテインがなくなったら、一旦、インドアに戻して、それで先に胃の検査をしてから、z/dで食事療法を再開しようかな…、色々と悩んでいる飼主です…。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です