モメタオティック後、10分間の我慢の時間…、大変だぁ~…。


我慢のアビのすけ。早速ですが、我慢をしている、アビシニアンのアビのすけ君の様子…、10/5(木)の晩から、毎日、朝晩の2回、アビのすけに皮膚炎の薬、「モメタオティック」を塗っているのですが、モメタオティック後の10分間は、薬を舐めない様に、私がアビのすけの事を管理しているのです。

これ、5日前の10/7(土)の朝の事でしたが、一見、おとなしそうにしているアビのすけですが、実は、毎日、かなり大変なのです…。(汗)

おとなしくしないアビシニアン。少しでも、アビのすけの気持ちを紛らわせる為に、ご飯の直前に、アビのすけにモメタオティックを塗っているのですが、ご飯が、まずい療法食の低分子プロテインなので、3分程ですぐにご飯の場所を離れてしまい、残りの7分間は、この様に、私がアビのすけを抱っこして、いえいえ、拘束して、モメタオティックを舐めない様にしているのです。

アビのすけにご機嫌をとるけど...。アビのすけをなだめてはすかし、意識を散乱させて、舐めたい衝動に持って行かない様にしているのですが、この状態で我慢を出来るのは約5分…、残りの2分間が大変なのです…。

でも、10分の内の8分も我慢出来たら、アビのすけにしたら上出来なので、解放してあげる事も多々…、頑張っている、アビシニアンのアビのすけ君なのです。

解放後のアビのすけ。これは、3日前の10/9(月・祝)の体育の日の晩の事でしたが、アビのすけにモメタオティックを塗って、解放してあげた後のアビのすけ君。

アビのすけにモメタオティックを塗った後、私は1階に下りたのですが、アビのすけがモメタオティックを舐めていないかチェックしたら、こんな所にいました。

男の子らしいアビのすけ。そして、ついでの写真ですが、これは、昨日のお昼前の事でしたが、昨日の神戸は暑くって、アビのすけ、男の子らしい、とっても雑な寝方をしていました。(笑)

自動給餌器の音で目覚めました。そして、午後1時過ぎ、自動給餌器の、「アビのすけぇ~、ご飯だぞぉ~」の私の録音の声で目覚めたアビのすけ君…、眠そうな顔をして…。(笑)

今は、ロシ子アビのすけとで違うご飯をあげているので、手動で1階で、猫たちにお昼ご飯を食べさせているのですが、万一、私が昼間、外出をする時に、自動給餌器の電源を切ってしまってたら、一からセットしなければいけないので、使ってはいない自動給餌器を、そのままの動く状態にしているのです。

早く自動給餌器を使える様になれば、私の手間も減るのですが、まだ当分、アビのすけの我慢の療法食の旅は続くので、私も猫たちと同様、我慢なのです。(笑)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です