皮膚炎を攻略する為の食事療法…、いざ、スタート…!


猫たちの療法食。今日のアビのすけのブログは、ほぼ、ロシ子お姉ちゃんのブログと、内容は一緒なのですが、アビのすけの皮膚炎を攻略する為の、食事療法をスタートした事を、書かせて頂こうと思います。

これは、昨日の朝ご飯…、食事療法をスタートする、まさに1回目のご飯…、おとといのアビのすけのブログでも、ご紹介をさせて頂きましたが、ロイヤルカナンの低分子プロテインのカリカリです。

そして、備忘録として、今回の療法食の、アビのすけへの供与量なども、記載しておきます。

アビのすけに必要なカロリー(健康な避妊・去勢された猫、5kg): 281kcal(1日)
☆ 低分子プロテインの供与量の目安(ロイヤルカナンのサイトによる、5kgの猫ちゃん):
      (最低)45g:185kcal (標準)60g:241kcal (最高)70g:287kcal
アビのすけにあげる量(1日):
      (朝ご飯)25g (昼ご飯)10g (晩ご飯)25g (合計)60g:241kcal

アビのすけも、まずは、標準量の、1日60gからスタート…、右側の、ピンクのアビのすけのお皿の朝ご飯には、療法食のカリカリが、25g、入っています。

不安のないアビのすけ君。そして、アビのすけに、その療法食を出してあげたら、まぁ、全く不安はありませんでしたが、期待を裏切らず、アビのすけ、普通に食べ始めてくれました。

ガツガツ食べるアビのすけ。ガツガツ…。

食欲旺盛のアビのすけ。ガツガツ…。

猫たちの朝ご飯の風景。そして、我が家の猫たちの、食事療法の初日の朝ご飯の風景…、かなりホッとした風景…。

食べにくいカリカリ。アビのすけが食べている様子を見ていると、この、低分子プロテインのカリカリは、粒が小さいので、アビのすけ、めっちゃ食べにくそうで、焦って食べてはいるんだけど、上手に食べられていない感じで…。

食欲には勝てません。しかし、お腹が減っているものだから、食べにくくても、食べ続けるしかない訳で…。

お利口さんなアビのすけ。そんなこんなだけど…。

アビのすけも完食です。アビのすけも、しっかりと完食してくれました。

これから、先の長い、2ヶ月間の療法食の生活になり、見ている私も辛いのですが、どうやら、療法食のカリカリ自体は気に入ってくれたので、猫たちと一緒に頑張って、食事療法を進めて行こうと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です