グイグイと甘えに来るアビのすけ君…、夜はアビのすけのもの…。(笑)


寒くなって来た神戸。これは、おとといの晩の事ですが、おととい位から神戸もとっても寒くなって来て、晩は7〜8℃位になって指先はとっても冷たく、北海道にお住いのりんこさんからすると、何をぬるい事を言ってるんだとお叱りを受けそうですが、暖房を付けてはいたものの、寒くて足元に毛布を掛け始めたのです。

すると、すかさず、この男がやって来たのです…。

かわいいアビのすけ。そうです…、この男…、アビのすけが早速、私の足元の毛布の中に潜り込んで来たのです。

本当にアビのすけは、思った事をそのままに行動できる子で、ほんと、私が足元に毛布を掛けたら、速攻、ダッシュで毛布の中に潜り込んで来たのです。

甘えん坊のアビのすけ。しかし、本当にアビのすけは甘えん坊君で、これってアビシニアンだから…? それとも男の子だから…? とにかく、私としては嬉しい限りで、私の事を慕ってくれてるんだろうから、こんなアビのすけがかわいくって…。(嬉)

かわいいアビのすけ。元々は、やはりこの場所も、冬の定番でロシ子の定位置だったと思うのですが、アビのすけに押されてしまって、晩はアビのすけが私に甘える順番の様で…。

まぁ、日中は、おとなしいからって事もありますが、ロシ子だけを特別に私の仕事部屋に入れてあげて、私の太ももの上を独占させてあげているので、晩位はアビのすけを優先してあげても良いかな…。

笑えるアビのすけ。晩、寝る時も、私はロシ子を抱っこして布団に入るのですが、これは、アビのすけが必ず自ら布団に入って来るという風に私が考えているからで、また、アビのすけをほっといてロシ子を抱っこして布団に入っても、アビのすけがその事ですねる事はなく、普通にグイグイと布団に入って来てくれるので、このアビのすけの鈍感さにも、我が家を平和に保って行く上では、私は大いに助けられているのかも知れません…。(笑)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です