名曲に、耳をそば立てていたアビのすけ。


名曲を聴くアビのすけ。これは、昨日の晩の事ですが、昨日は、私も晩の11時頃には落ち着いて、撮っていた動画も見尽くしていたので、久しぶりに優雅な気分に浸ろうと、お気に入りの音楽がたっぷりの、過去に録った、NHKの「ららら クラシック」を見ていたのです。

すると、アビのすけはまたまた、私の太ももの上に乗って来て、本当にこのアビシニアン坊主は甘えん坊だ…!

音楽を聴くアビのすけ。ちょうど、超・私のお気に入りの、リストの「ラ・カンパネラ」の演奏中で、色々な方が弾いている「ラ・カンパネラ」を聞いた事があるのですが、私は、このロシア人の方の弾いている「ラ・カンパネラ」が一番好きで…。

日頃はやかましいアビのすけも、柄にもなく、耳をそば立てて「ラ・カンパネラ」を聴いていたのです。

面白いアビのすけ。ご存じと思いますが、この「ラ・カンパネラ」は、ピアノの鍵盤の隅から隅までを使う、物凄い指使いの曲なので、アビのすけは、音楽を聴くというよりも、その、目まぐるしく動き回る指使いに目を奪われていたのかも…。

そんなこんなで、結局、夜の12時に寝たかったのに、色々なお気に入りの「ららら クラシック」を見てしまったおかげで、焼酎がロックで1杯追加になり、寝るのが1時間遅れて1時を回ってしまい、今日の朝が辛かった私でした。

これは、今日の猫たちのお昼ご飯前、たまたま、撮った動画ですが、相変らず、アビのすけロシ子の事を追い掛け回していて…。

猫たちが追いかけっこを始めると、私はロシ子が喘息の咳をしないか心配になるので、毎回、アビのすけロシ子を追い掛けない様、下から大声で怒鳴るのですが、アビのすけはやっぱり遊びたいんだよなぁ〜…、昨晩、音楽を聴いていた時の様に、おとなしくしていて欲しいのですが…。


スポンサーリンク

2 thoughts on “名曲に、耳をそば立てていたアビのすけ。

  1. cat's-eye

    こんばんは、cat’s-eyeです。連日失礼します。うちのひとみもレッドで、ほんとにほんとにそっくりです。写真見てもらいたいくらい。ママは違うんですけど、ひぃのママはシャルロットちゃんと姉妹です。かさぶた、小さくなったようですが、増えちゃいました。心配。
    皮膚炎も、ひぃのお迎えが、皮膚炎のせいで少し延期になったり(アビのすけくんもそうでしたっけ?)、今年の夏はうちの3にゃんズ総員で真菌と闘ったり、結構苦労しています。
    ちなみに、実は、うちの1歳4か月のロシアンブルーのLouis(ルイ、♂)は、ロシ子ちゃんと、遠いけど血縁だそうです(ブリーダーさんに確認しました)。性格はひぃよりもるーの方がいいけど、人前で、明るいところではあまり甘えられず、布団にもぐりこんでべったりくっついてくるだけのるーより、甘えんぼ道全力疾走中のひぃのべたべた攻撃に抵抗しきれないときもあります。るーが「ひぃばっかずるい」と、クレームの申し立てをするので、均等に可愛がるよう頑張ってますが。もう一人、ベンガルの女の子も抱っこ大好きの甘えん坊なので、癒されるのか、身動きできずに眠りが浅くなるのかやや微妙ですが、可愛いのでオールオッケーです。
    うちの赤い暴風(※注 ひとみです)もがっつき大王ですが、(るーもがっつくけど食い散らかさないし、女の子は食べ方がとってもおしとやかで、これも可愛いです)うちに来て約4か月、まだ一度しか吐いてません。アビシニアンはよく吐くそうですが、腹が丈夫なんですかね。このままいってくれることを祈ります。
    うちのベンガルは鼻炎もちでくしゃみ17連発とかして厄介ですが、ロシ子ちゃんの喘息も、安定するといいですね。愛しいこどもたちが、少しでも快適に過ごせますように!

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      cat’s-eyeさん、こんばんわ。本日も、コメントを下さいまして、有難うございます。

      ひとみちゃんもレッドなんですね…、私も、レッドの子を希望してお迎えしましたので、感激です。
      ちなみに、我が家のアビのすけは、ブリーダーさんの所の初めてのレッド君なのですよ。

      そして、ロシアンブルー君とベンガルちゃんの3にゃんと生活なさっているとは、私も望んでいた、理想的な家族ですね。
      我が家も、ロシ子ではアビのすけの遊び相手には事欠きますので、アビのすけの遊び相手にと、新たな猫ちゃんをお迎えしようと思った時に、ベンガルも検討した事があったんですよ。(アビのすけをお迎えする前に、アビシニアンにするか、ベンガルにするかでも悩みました。)
      ベンガルは、柄もとっても綺麗で、触り心地もとっても良いんですよね。
      しかし、ベンガルは運動能力があり過ぎて、跳躍力も、アビシニアンとは比にならないと事だったので、泣く泣く、諦めたのです。
      現在、ブリーダーさんには、アビシニアンのフォーンの子が産まれたら、譲って頂く予定で、アビシニアン通しなら、アビのすけも喜んでくれると思っています。

      真菌も経験なさったとの事で、大変でしたね。
      我が家もまさに、アビのすけをお迎えした事によって、ロシ子がしっかりと真菌になり、本当に大変な思いをしました。(アビのすけは真菌にはなりませんでした。)
      おそらくですが、我が家のアビのすけもそうでしたが、かさぶたはその内に少なくなって行くと思いますよ。
      その代わり、我が家のアビのすけと同様に、マラセチア性皮膚炎を発症するかも知れませんが、それでも、真菌に比べると、全然、問題ないと思ってますので、cat’s-eyeさんも、安心して、頑張って下さいね!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です