久しぶりに…、アビのすけの皮膚炎の状況です。


アビシニアンのアビのすけ君。これは、昨日の晩のアビのすけ君…、久しく、アビのすけの皮膚炎の状況をアップしてなかったので、アップする為の写真を撮ろうと、アビのすけを取っ捕まえたのでした。

頑張って抵抗するアビのすけ君でしたが、私はアビのすけの性格を見切っているし、決して、逆上する様な子ではない事を知っているので、アビのすけが抵抗しようが何をしようが、一切、構わず、皮膚炎をチェックしてやったのです。

左足の皮膚炎。まずは、アビのすけの左足の皮膚炎の状況から。

かなり範囲が狭くなって来た。基本は、毎日、朝晩、1日2回、「モメタオティック」を塗る様、動物病院の先生からは言われているのですが、アビのすけの皮膚炎は何回も経験済みだし、自然界の猫ちゃんは、自然の治癒力によって色々な病気を治しているので、最近は私も、きっちりと「モメタオティック」を塗っている訳ではなく…。

なので、ちょっと治りは遅いですが、それでも、かなり範囲も狭くなって来て、かさぶた化もしてるので、間もなく治るだろう。

左腕の皮膚炎の状況。そしてこれは、アビのすけの左腕の皮膚炎の状況。

完治した左腕の皮膚炎。この部分の皮膚炎は、無事、完治しましたよ。

右腕の皮膚炎の状況。そしてこれは、アビのすけの右腕に出来た皮膚炎。

かなり良くなっている皮膚炎。この部分も、かなり皮膚炎の範囲が狭くなってて、残りの部分もかさぶた化しているので、間もなく治るだろう。

右足の皮膚炎の状況。そして最後、アビのすけの右足に出来た皮膚炎。

右足の皮膚炎。この右足の皮膚炎が、最後に発見した皮膚炎なので、やはりまだ範囲も広く、かさぶた化してはいるけど、もう少し、治るには時間が掛かりそう…。

それにしても、この部分だけ、何故か毛があって薬を塗りにくいんだよなぁ〜…、しっかりと皮膚炎である事を確認した訳ではないのだけど、本当に皮膚炎なのかな…? あるいは、アビのすけは走り回っているので、どっかで打った、ただの擦り傷だったりして…。

しかし、両手両足に皮膚炎が出来るなんて、アビのすけも大変…、幸いにも、本人(本猫)は元気いっぱいで、それ程、皮膚炎の事を気にはしていないので、それは有難い…。

早く治って欲しいね、アビのすけ君…。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です