傷だらけのアビシニアンのアビのすけ…、動物病院にて。


アビのすけを動物病院へ。おとといの11/1の(月)に、アビのすけを動物病院に連れて行って来ました。

アビのすけを動物病院に連れて行こうと、キャリーバッグを取り出して来て、アビのすけに興味を持たせて、自らキャリーバッグに入る様に仕向けたのですが、甘かった…、アビのすけ、逃げて行った…。

ネクスト動物病院。今回も、芦屋のネクスト動物病院さんにお伺いしました。

アビのすけの皮膚炎は、いつもと違ったアドバイスを頂きたかった事もあり、いつもは院長先生に診て頂いて来ましたが、今回の一連のアビのすけの皮膚炎に関しては、こちらの副院長先生にお世話になっています。

診察台の上のアビのすけ。少しだけ待合室で待った後、アビのすけは診察室に…、まず、看護師さんにアビのすけの体重を測って頂くと、4.66kgで、昨日、我が家でアビのすけの体重を測った時は4.62kgだったので、ほぼ正解。

そして引き続き、副院長先生に聴診器でアビのすけの心臓とか肺の音を聞いて頂きました。

先生に診察をして頂いてます。そして、アビのすけの顔とか口の中とか、通常の一般的な診察して頂きます。

アビのすけの左足の皮膚炎。そして、来院した目的のアビのすけの皮膚炎の診察が開始…、今回は、アビのすけの皮膚炎を見て頂く3回目だったので、モメタオティックを塗っての、皮膚炎の快方への進捗を確認して頂きました。

まずは、アビのすけの左足の皮膚炎…、モメタオティックを塗り続けてる割には、回復が遅いのですが、それでもかわぶた化していて、快方に向かってました。

アビのすけの左腕の皮膚炎。そして次は、アビのすけの左腕の皮膚炎…、こちらも、皮膚炎の範囲は狭まって来てるし、かさぶた化してたのでOK。

アビのすけの右腕の皮膚炎。そして、アビのすけの右腕の皮膚炎…、こちらも、まぁ、少しずつ良くなってるかなぁ~って感じ。

アビのすけの右足の皮膚炎。そしてこれ…、アビのすけの右足の皮膚炎…。

って言うか、この右足の皮膚炎は、この日の朝一番に、家で私が見つけた皮膚炎で、それを先生に報告して診て貰ったのですが、もう、本当にアビのすけは皮膚炎だらけ…、両手両足に皮膚炎が出来てるって、ちょっと酷くね…。

この右足の皮膚炎は、かなりかさぶた化が進んでて、どうやら私が見落としていた様…。

アビのすけの体中をチェック。次から次へと、アビのすけの皮膚炎が増えて行ってるので、先生もアビのすけの体中をチェックなさって、他にも皮膚炎の箇所がないか、探索して頂くと…。

左足の踵に傷が。あった、あった…、アビのすけの左足の踵に、擦り剝けた傷が…、私はビックリ…。

これは皮膚炎ではなく、走り回っている最中に、どっかに当てたか何かだろうとの事でしたが、本当に、アビのすけの体は傷だらけ…。

耳にもかさぶたが。そして、左耳の内側にはデキモノと言うか、かさぶたっぽいのがあって、まぁ、日頃はとっても元気なアビのすけなので、まだ、それ程、深刻には思っていませんが、本当に傷だらけのアビのすけ君なのです。

モメタオティックを頂きました。アビのすけの皮膚炎は、まぁ、薬を塗っていたら治る事で、かさぶた化も進んでいた事だし、敢えて、このタイミングでアビのすけを動物病院に連れて来る必要もなかったのですが、今回の来院の一番の目的は、このモメタオティックを貰いに来た事。

今回は、わざわざ、箱から出してモメタオティックを渡して頂けたのですが、これじゃ、賞味期限が分からないんだよなぁ〜…。

勘違いをする様な人だったら、開封されている商品を渡すのかって、怪訝に思う人もいると思うし、今まで2〜3回、箱のままの開封されていない状態で頂いてたので、親切心で箱から出して渡してくれたのだと思いますが、正直、箱のままで頂けた方が良かったなぁ〜…。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です