アビのすけのマラセチア性皮膚炎の近況報告。


アビのすけの皮膚炎をチェック。昨日、ふと思い付いて、動物病院に電話をして、アビのすけの皮膚炎の診察の予約を取って、今日の午前11時から動物病院に行って、診察を受けて来たのですが、その前に、先日、アビのすけの皮膚炎をチェックした様子から。

これは、おとといの晩だったかな…、アビのすけの皮膚炎をチェックする為、アビのすけを取っ捕まえてやりました。

左足の皮膚炎の状況。まずは、当初から出来ていた、アビのすけの左足付近の皮膚炎の状況から…、既にモメタオティックを塗った後だと思いますが、皮膚炎がかさぶた化しているので、間もなく治るであろう皮膚炎になってました。

左肘の皮膚炎の状況。次に、左足の皮膚炎の次に出来た、左肘の内側辺りのアビのすけの皮膚炎の状況…、ここもかさぶた化していて、間もなく治るだろう…。

右肘辺りのアビのすけの皮膚炎。そして、その次に出来た、アビのすけの右肘の内側辺りの皮膚炎の状況…、この皮膚炎は新しく出来た皮膚炎なので、他の2か所の皮膚炎よりかは、ちょっと時間が掛かりそう…。

アビのすけの顔がかわいい…。

アビのすけのかわいい写真。アビのすけのかわいい、無邪気な写真をもう1枚…、やんちゃばかりしているアビのすけですが、ほんと、あどけないんですよ~っと…。

アビのすけの右肘の皮膚炎。アビのすけの右肘辺りの皮膚炎の拡大写真ですが、ちょっと見にくい写真ですが、やはり、皮膚炎の範囲が大きい…、そして、かさぶた化も遅れてる…。

どんどん、どんどん、アビのすけの体のあちこちに皮膚炎が転移してて、これは生まれ付きの体質なのかと、どんなもんじゃろなぁ~って思っていたのですが、東灘区で皮膚炎の専門医がいる動物病院を見つけたぞ…!

今日は予約をしていた事もあって、今までの動物病院にアビのすけを連れて行ったのですが、近近に、その皮膚炎の専門医がいらっしゃる動物病院に、アビのすけを一度、連れて行って来ようと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です