私の香港旅行後のアビのすけの皮膚炎の状況 & 新たな皮膚炎。


旅行後のアビのすけの皮膚炎をチェック。昨日のこのアビのすけのブログでは、私が香港旅行に行く前の、10/16(日)の晩現在のアビのすけの皮膚炎の状況をアップさせて頂きましたが、今日は、私が香港から帰って来た翌日の、10/23(日)の朝のアビのすけの皮膚炎の状況をアップさせて頂こうと思います。

これは、アビのすけにブラッシングをする前に、アビのすけの皮膚炎をチェックしようとしていた所。

左足の皮膚炎の状況。まずは、アビのすけの左足の皮膚炎の状況からチェック…、ご覧の通り、アビのすけの左足の付け根辺りに出来ていた皮膚炎は、かなり沈静していました。

アビのすけの膝頭の皮膚炎。一方、アビのすけの左足の膝頭の部分の皮膚炎は、まだ皮膚炎の状態ですが、それでも、香港旅行前の写真と比較すると、旅行中、モメタオティックは塗っていなかったにも関わらず、かなりましになっていました。

肘の内側の皮膚炎の状況。そして今度は、アビのすけの左腕の肘の内側部分の皮膚炎の状況…。

良くなっていない皮膚炎。こちらは、私が香港旅行に出発する間際に発見した様な皮膚炎なので、まだまだ沈静化するには程遠い状態…。

モメタオティックを塗りました。なので、しっかりとアビのすけにモメタオティックを塗りました。

左足にもモメタオティックを。そして、左足の皮膚炎にもモメタオティックを。

かなり良くなっている皮膚炎。こうして薬を塗って毛を掻き分けて見てみると、この分も、かなり良くなってるなぁ〜…、そんな風に思って喜んでいたのですが…。

アビのすけのボディチェック。その日の晩、アビのすけのボディチェックをしていたら、またまた、新たな皮膚炎を見つけてしまったのです…。

アビのすけの右ひじの皮膚炎。これ、モメタオティックを塗ってしまった後の状態ですが、アビのすけの右肘の内側にも皮膚炎が出来てしまってたのです…、これで左右両方…。

アビのすけの体質なのか。しかし、この数か月で、怒涛の様にアビのすけに皮膚炎が出来ている…、これはやはり体質なのだろうか…?

モメタオティックもなくなって来たので、近々また、動物病院に行こうと思う…、しっかり動物病院で診て貰おうと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です