ショック…、アビのすけの皮膚炎が広がっている…。


アビのすけの皮膚炎をチェック。これは、昨日の朝のアビのすけの写真ですが、ブラッシングをする前に、アビのすけの左足の付け根の辺りに出来た皮膚炎に、薬を塗ろうとしていた所…、ブログにアップする為の写真を撮影。

アビのすけは脱出したいんでしょうけど、私に捕まったら脱出できない事を理解しているのか、「仕方がないな…。」みたいに諦めに境地の顔になっているアビのすけ…。

はい、足を見せてみぃー…。

皮膚炎が広がっている。そして、アビのすけの皮膚炎を、毛を掻き分けながら探していたら、えっ…、おいおい…、アビのすけの皮膚炎が2ヶ所になってるやないか…、広がってるやないか…。

2ヶ所になっているアビのすけの皮膚炎。この写真は、既にモメタオティックを塗った後かも知れませんが、この通り、アビのすけの皮膚炎の範囲が広がっている…、2か所になっている…。

もしかしたら、これ位に大きな皮膚炎だったら、前日、動物病院に行った時に、既に出来ていたかも知れないし、先生は先生で、私の説明を受けるだけではなくて、ご自身でアビのすけの毛を掻き分けて皮膚炎をチェックしてくれてたら、見つかってたんじゃないか…。

皮膚炎が酷い...。しかし、このアビのすけの皮膚炎の状況を確認した瞬間、私は大いにショックを受けて、アビのすけがとってもかわいそうになってしまって…。

アビのすけの写真。もう一度、アビのすけの神妙な顔付きの写真…、いつもは、やんちゃなアビのすけを、男の子だからって雑に扱う事もある私ですが、この時は、本当にアビのすけが可哀想で…。

おととい、動物病院に行った時、皮膚炎は、元々の体質もあるかもって先生に言われたのですが、確かにアビのすけは、子猫の頃、兄弟猫たちに噛まれたりして、剥げがたくさん出来ている子だった様なのですが、これは私が責任を持って治してあげるしかない…!

しっかり、徹底的に、アビのすけの皮膚炎を管理して、治してあげようと思った飼主です。


スポンサーリンク

3 thoughts on “ショック…、アビのすけの皮膚炎が広がっている…。

  1. もんきち

    好酸球性肉芽腫は原因がなかなか特定しにくいかもしれませんね。
    アレルギー体質かもしれませんし。
    腕のかさぶたもケガではなくて、肉芽腫が痒いので舐めた結果できたもののような気もします。
    専門医にみてもらって早くいい治療方法が見つかるといいですね。

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      もんきちさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      ブログにコメントを頂くと、メールで通知が来るのですが、もんきちさんからコメントを頂いた旨のメールの通知が来ますと、毎回、気が引き締まります。(笑)
      今回は、優しいコメントで有難うございます。(笑)

      動物病院の先生からは、持って産まれたアレルギー体質かもと言われました。
      腕のかさぶたの件は、もんきちさんに言われて初めて、肉芽腫だったのかもと気付きました。有難うございます。
      なかなか専門医が見つからないのですが、遠方でも、時間があれば、行かなければと思っています。

      返信
  2. ピンバック: アビのすけの皮膚炎の続報...、皮膚炎が増えとるやないか...。 | アビシニアンのアビのすけブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です