「アビのすけ、てめえ、この野郎!」 って思ってたけど…。


ペットシッターさんからの写真。まずは、今朝、ペットシッターさんが送って下さった写真から…。

これ、今朝のアビのすけの様子ですが、昨日の晩、本当にムカつく程の嫌がらせをロシ子にして、このアビのすけの顔を見ても、私、「てめえ、この野郎!」の気持ちは消えておらず…。

すやすやと眠るアビのすけ。そしてこれは、今日の夕方…、香港の空港で、間もなく飛行機に乗らなければならず、その前に、ちょっとWebカメラで猫たちの様子をチェックした時のものですが、すやすやと寝ているアビのすけを見ても、私はまだ、「てめえ、この野郎!」の気持ちが消えていなかったのです…。

戸の前のアビのすけ。そしてこれは、今晩、ようやっと家に戻って、1階のパソコンを立ち上げて、Webカメラで撮った写真。

一度、2階に上がったら、猫たちが喜んで、私は1階に下りて来られなくなると思ったので、最低限しなければいけない事、お風呂に入ったりとかした後に撮った写真ですが、ロシ子は戸の前にいなかったのですが、アビのすけは戸の前にいてくれたのです。

いつもなら、ロシ子が一番乗りに戸の前に来てくれるのですが、私が1階で声も立てずにゴソゴソしていたものだから、ロシ子は私とは気付かずに、ちょっとだけ警戒モードだったのかな…。

その点、アビのすけはやっぱり、誰にでも懐くアビシニアンでした…。

あびのすけを抱っこ。そして、部屋に入ると、猫たちがわ〜っと寄って来てくれて、まずは、ロシ子に熱いハグをしてあげて、その後に、アビのすけにもハグをしてあげたのですが、やっぱり、面と向かってアビのすけを見ると、良い意味でのやんちゃなアビのすけがいて、きつく叱る事など出来なくて…。

元気なアビシニアン。アビのすけは本当に元気で、元気があり余っているからやんちゃな事をして…。

アビのすけ、後でしっかりと叱ってやるから、その前にハグをしようぜ…!」

アビのすけの事を抱きしめる私。という事で、しっかりとアビのすけの事を抱きしめてやりました。

しかし、自動給餌器の調教に関しては、最近は出来ていると思って、私の頭の中から躾の意識がなくなっていたので、明日からはしっかりと調教してやって、ロシ子の自動給餌器に首を突っ込む様なものなら、口撃でド叱りしてやって、ビビる程に躾をしてやろうと思っています。

アビのすけ君、みんなが気持ち良く住もうと思ったら、最低限のマナーは守ってもらわなければいけないんだよ。

明日からは、私の旅行中の、猫たちの数々の悪戯の模様をアップさせて頂こうと思います。


スポンサーリンク

2 thoughts on “「アビのすけ、てめえ、この野郎!」 って思ってたけど…。

  1. 抱っこされた時のアビのすけ君の顔・・・!!
    嬉しそうですね!!
    「パパ!帰ってきたんだ〜!!!」
    という表情に見えます。
    アビのすけ君もお留守番をよく頑張りました。
    遅くなりましたがパパさんもお帰りなさい。
    無事に元気で帰ってこられて本当に良かったです。

    アビのすけ君がロシ子ちゃんの給餌器に顔を突っ込むことに関してなのですが、もしかしてなのですが、パパさんに叱られたくて(かまって欲しくて)やっているということはないでしょうか。
    実は、うちのミラがそういうところがあります。
    最初は自分の方が上だということを示したくてステラにちょっかいを出していたようですが、私が先住猫のミラの気をそらすようにしていたところ、かまって欲しい時に私の方を見て“これからステラのことをいじめるけど良い?”という顔をします。
    注意されるのがわかっていてやっているようなところがあります。
    アビのすけ君も、もしかしたらなのですが“あれ?いつもならパパの怒鳴り声が聞こえるのに、今日は何もないな!!”“パパ、本当にいないのかな!!よし、もうちょっと悪さをしてロシ子姉さんの餌を食べてみよう!!”などという考えがあったということはないでしょうか。
    アビのすけ君のそんなところが意外とロシ子ちゃんにはわかっていて、だからロシ子ちゃんもアビのすけ君を可愛いと思う気持ちがあるような気もします(とはいえ、自分の餌を食べられてしまったのはロシ子ちゃんには本当に災難でした。食べ物のことは仲の良さとは別で冗談になりません。これは確かに解決しないといけないことだと思います)
    以上は、あくまで私の勝手な想像です。
    アビのすけ君のパパさんに抱っこされて嬉しそうな、ホッとしたような顔を見たらそんな気がしてきたのです。
    でも、そのうちにアビのすけ君もパパさんの外泊(旅行や出張)に慣れてくると思います。
    ブログを読んでいるとロシ子ちゃんはさすがにお姉さんであるだけあって、落ち着いていると思いました。
    勿論、パパさんが帰ってくると嬉しいのは変わらないですけれど!!

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      アビのすけに対して、かなりイラッと来ておりましたが、やはり、アビのすけの顔を見てしまうと、怒る事は出来ませんでした。
      アビのすけは大概、やんちゃなのですが、それでも、かわいさの方が大きく、おバカさんなので、見てて面白いのです。
      ロシ子は癒してくれる子で、アビのすけは笑わせてくれる子で、2にゃんとも最高の家族だと思っています。

      アビのすけロシ子のご飯をつまむのは、アビのすけのご飯の量が少ないのかなとも思います。
      しかし、太ってもらうのは嫌ですので、腹八分目の量をあげるのがベストだと思っています。
      なかなか難しいとは思いますが、次の旅行の為に、アビのすけを調教しようと思っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です