誰や…? ミニキャットタワーを倒したのは…?


キャットタワーが倒れてる。今朝も私は4時起きで(旅行2日目)、慌ててタクシーで台北の桃園空港に向かい、朝7時10分のフライト(日本時間の8時10分のフライト)で、カンボジアのプノンペンに旅立とうとしていたのですが、飛び立つ直前の飛行機の中で、スマホの電源を切る前にWEbカメラを覗いたら…、私、気が気じゃなくなってしまいました…。

これは、今朝の我が家の風景…、なんで…? なんでキャットタワーが倒れてるの…?

ロシ子もアビのすけも元気。我が家の様子を注意深く見ていたら、どうやら、ロシ子アビのすけもWebカメラに写ってくれて、怪我をしていない事が確認できたので、少しはホッとしたのですが、ピュアクリスタルに直撃して割れていないかとか、色んな不安が湧き上がって来ながら、スマホの電源を切ったのです。

多分、アビのすけロシ子の事を追い掛けて、それで、ミニキャットタワーがミニ冷蔵庫から落ちてしまったのだと思いますが、ロシ子が我が家に来てからの約3年、アビのすけが我が家に来てからの約1年、起こった事がない事が起こるなんて…、ほんと、恐ろしい…。

今朝の猫たち。これは、今朝の日本時間の午前5時30分(台湾時間の午前4時30分)の我が家の様子ですが、この時は、Webカメラを動かしたので、アビのすけは起きてしまいましたが、2にゃんともすやすやと寝ていた様…。

まだ、ミニキャットタワーはミニ冷蔵庫から落下していないので、もう少し経ってから、追い掛けっこをして倒してしまったんだなぁ~…。

ペットシッターさんからの写真①そしてこれは、ペットシッターさんからお送り頂いた写真…、4枚の写真と、メール日誌をお送り下さいました。

それにしてもアビのすけ…、王者の風格がありますなぁ~…。

朝ご飯を食べるロシ子ちゃん。ペットシッターさんからお送り頂いたメールには、

「ドアを開けるとロシ子ちゃんがすぐに甘えてきてくれました。
アビのすけくんは少ししてから近寄ってきてくれました。
トイレではおしっこ玉2個、うんち2回分ほどしていました。
朝ご飯はロシ子ちゃんは少し食べ、アビのすけくんはきれいに完食しました。
特に変わった様子はありませんでした。」

との事。

多分、ロシ子は、朝ご飯を食べるよりも、ペットシッターさんに甘えたかったんだね…、ちょっと焼いてしまう程だけど、ロシ子が快適に過ごしてくれるなら、それが一番…!

やんちゃなロシアンブルー。ミニキャットタワーに乗り上げるロシ子…、ロシ子は基本的におとなしい子なのですが、潜在的には、やんちゃ度はアビのすけよりもロシ子の方が上だと思っていて、たまに、グイグイとやんちゃをする事もあって、そこら辺もロシ子の魅力。

ペットシッターさんに、落下したミニキャットタワーを元に戻して頂く様、メールを送ろうと思っていたのですが、この日の晩、私に災難が降り掛かり、海鮮料理の貝に当たったと思うのですが、一晩中、嘔吐と下痢に苦しめられ、メールをお送りする事が出来なかったのです…。

でも、今となっては、ミニ冷蔵庫の上にミニキャットタワーを戻して頂いても、また、2にゃんが追い掛けっこをして、また落下させて、怪我でもしてくれたら困るので、元に戻さなかったのは、ぺットシッターさんのナイスなご判断だと思っています。

部屋がめちゃくちゃな我が家。ロシ子が座っている白いキューブボックスの上にも、ピンクの屋根なしダンボールハウスがあったのですが、どこに行ったのやら…。

とにかく、ロシ子アビのすけが元気でいてくれているので、良しとしなければいけません…。

元気な2にゃん。私が一番、気懸りだったのは、私が留守中に、環境が変わった事により、ロシ子アビのすけがヒステリックになってしまい、本気で喧嘩を始める事だったのですが、こんな感じでいつもの2にゃんなので、ほんと、ロシ子アビのすけの性格の良さに、ホッとしているのです。

お利口さんなロシ子とアビのすけ。このまま2にゃんとも、ストレスを溜めずに、仲良くしとくんですよ…!

ロシ子とアビのすけの晩ご飯の様子。そして午後9時過ぎ…、きちんと猫たちの自動給餌器が動き始めてくれました。

あと数日間、寂しいのを我慢して、普通に生活をしてるんだよ…、ロシ子アビのすけ…。


スポンサーリンク

1 thought on “誰や…? ミニキャットタワーを倒したのは…?

  1. ピンバック: ロシ子の丸3歳になった誕生日…、美味しいご飯をあげました。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です