アビのすけの早食い…、恐るべし…!


早食いのアビのすけ。これは、4日前のアビのすけの様子ですが、少し前の写真なので、他にもアップしたい写真があるのですが、先にアップしてしまいます。

この日はロシ子の記念日で、アビのすけにも、美味しい晩ご飯をあげました。

「ピュアスープ 2種の魚介のコンソメスープ」この日の美味しい晩ご飯は、モンプチのパウチ、「ピュアスープ 2種の魚介のコンソメスープ」です。

パウチの成分表。一応、成分表も…、これも一般食ですので、あくまでもおやつという感覚で、猫たちのスペシャルご飯としてあげています。

美味しそうなコンソメスープ。私、個人的に、コンソメスープが大好きなので、この透き通った金色のスープは、とってもとっても美味しそうに見えます。

凄まじいアビのすけの食欲。そして、アビのすけにパウチのご飯を出してあげると、とにかく、凄まじいばかりのアビのすけの食欲で、ロシ子の1/3位の時間で、あっという間に完食をしてしまうのです。

こういう所を見ると、アビのすけはやっぱり、元気一杯なアビシニアンの男の子です。

一滴も残っていないアビのすけのお皿。そして、コンソメスープが一滴も残っていない、完璧に空になったアビのすけのお皿…、気持ち良い食べっぷりで、元気一杯のアビのすけで、私はとっても嬉しいのですよ…!


スポンサーリンク

2 thoughts on “アビのすけの早食い…、恐るべし…!

  1. もんきち

    こんにちは。
    カリカリの量はみたところ10グラムくらいですが、1日あたり何グラム(何kcal)くらい与えているのでしょうか?
    写真で見たところ少ないのかなあと。
    それと「調味料」入りのモンプチを毎日純血種のアビに上げるのは、ちょっと気になります。
    要は「味の素」みたいな人工調味料なので、嗜好性は高くなるのですが、身体の小さい猫なら人間よりもリスクが高いと思います。
    嗜好性が高いのであげたくなるのですが、シャンプーした後とか、病院に行った後とか嫌なことの後に上げるのだればいいのですが、毎日あげるのは個人的にはあまりいいとは思いません。

    無添加の「無一物」とか「何も入れないまぐろだけのたまの伝説」とかがおすすめです。
    これをカリカリに1缶の1/3くらいを混ぜるとちょうどいいと思います。

    参考:
    http://www.vets.ne.jp/cal/pc/cat.html

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      もんきちさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      アビのすけのカリカリの量ですが、ピンクのお皿が大きいので、少なく見えたのだと思いますが、朝は21g、昼は10g、晩は23gで、カリカリの1日の合計量は54gです。
      お知らせ頂きましたカロリー計算の算出式は、私も使っておりまして、折りにふれ、猫たちのご飯のカロリー量を測っておりますが、今は、アビのすけには、缶詰も含めますと、1日当たり、250kcalのご飯をあげておりますので、大体、こんなもんじゃないかなと思っています。

      また、缶詰に関しましては、今まで、しっかりと考えた事がなかったのですが、間もなく、モンプチの缶詰もなくなる所で、新たに発注をしなければいけないと思っておりましたので、頂きました無添加の分も、検討させて頂こうと思います。

      色々とアドバイスを頂きまして、有難うございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です