アビのすけの皮膚炎の状況…、塗り薬が切れてしまった…。


やんちゃなアビシニアン。まずは、今朝のアビのすけの様子から…、昨日のアビのすけのブログでも、少し書かせて頂きましたが、これ、今のアビのすけのマイブーム…。

ロシ子にブラシをする時に、太陽の光がファーミネーターに反射して、私がロシ子にブラシをするに連れて、反射して太陽の光が襖の上を動き回るのを、アビのすけは待っているのです。

そして、襖の上に光が写し出されると、アビのすけはもう大騒ぎして、飛び跳ねるは、襖に猫パンチをするわ…、本当に、元気があり余っているアビシニアンの男の子なのです…。

天真爛漫なアビシニアン。でも、アビのすけの事を見ていると、やんちゃ坊主で手を焼いてしまうのですが、何て言ったら良いのか、自分の気持ちに忠実で、私が少し、目の上のたんこぶであるとは思いますが、伸び伸びと生活をしていて…。

私に怒られても、怒られても、懲りずに、天真爛漫でい続けるアビのすけが、本当に本当に、とってもかわいく思えるのです…、と言うか、アビのすけを見ていると、自然と(・∀・)ニヤニヤってなってしまうのです。

おとといの晩のアビシニアン。さてこれは、おとといの晩のアビのすけの様子…、久しぶりに、アビのすけの皮膚炎の進捗状況を見てみました。

おとぼけ顔のアビのすけ。と言うか、確か、この日の前日位に、アビのすけの皮膚炎の塗り薬が切れてしまって、この3日程の間、アビのすけに薬を塗れてなくて、何も治療が出来ていないのです…。

忙しくて動物病院に行けなかったのですが、明日か明後日には、アビのすけを動物病院に連れて行って、皮膚炎の状況を診て頂くと同時に、塗り薬を貰って来ようと思っているのです。

おとといに皮膚炎の状況。そして、おとといの晩のアビのすけの皮膚炎の状況はこんな感じ…、良くなった様な気もしますが、依然として、ピンク色でカサカサになっていましたし、今朝、見た時は、カサ付きが酷くなっている様な気がした…。

皮膚炎の黒い粒粒。相変わらず、黒い粒粒が付いていて、不潔そうで気持ち悪いのですが、しかし、なかなか治らないアビのすけの皮膚炎…。

相変わらず、部屋にはアクアリブを噴霧して除菌しているし、と言う事は、やはり、丸1日中、アビのすけが皮膚炎の薬を舐めない様に、エリザベスカラーをしなくてはいけないのか…。

アビのすけには、出来るだけストレスを与える事なく、皮膚炎が治ってくれたら良いのですが…。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です