アビのすけを動物病院に…、くたくたになりました…。


昨晩のアビのすけの皮膚の状況。まずは、昨晩のアビのすけの皮膚の状況から…、昨晩も、アビのすけのお腹の皮膚病になっている皮膚の箇所に、塗り薬を塗ったのですが、塗り薬を塗る前に、記録として、アビのすけのお腹の皮膚の状況の写真を撮りました。

はーい、アビのすけ…、お腹を見せてちょうだいよ…。

アビのすけのお腹。これ、アビのすけのお腹…、下の真ん中は関係ないのですが、右下が、現在、皮膚病になっている所、左上は、この前まで皮膚病になっていた所、そして、左下は、健康なアビのすけの皮膚の所…、いずれも、乳首の部分が絡んでいます。

現在、皮膚病の所の皮膚。これは、現在、皮膚病になっている部分のアビのすけの皮膚…、ピンク色になってしまっています。

皮膚病が治った箇所の皮膚。これは、この前、皮膚病になっていたアビのすけの皮膚で、治った所…、すごくきれいになりました。

健康なアビのすけの皮膚。そしてこれは、健康なアビのすけの皮膚…、皮膚病になっていない皮膚なので、ちょっと写真が見にくいですが、とってもきれいな白いお肌をしています。

アビのすけを動物病院に。そして今日、アビのすけも動物病院に連れて行って来ました。

今日は私、大変なイライラを抱えながら、猫たちを動物病院に連れて行ったので、その問題が起こっている仕事の事も考えながらの上の空で、撮った写真も少なく、また、撮った写真もブレまくっていて…。

アビのすけは、動物病院に向かう車の中でも、ずっと鳴き続けていて、この時、既に、私はくたくたになっていたのです。

先生にアビのすけの皮膚を診て頂いてます。そして、アビのすけを仰向けにして、先生に、トラブっているアビのすけの皮膚を診て頂きました。

先生によると、前回の皮膚病になった部分とは、状況が違うな、との事…、他、何を言われたのか、忘れてしまいました。

アビのすけの皮膚の検査。そして、アビのすけの皮膚の検査をする為に、アビのすけの皮膚の断面を採取して、そしてこの時は、写真がブレまくっていますが、ピンセットでアビのすけの毛を抜いていた所…、これらを顕微鏡で見て頂き、アビのすけの皮膚の検査をして頂いたのです。

アビシニアンの皮膚病。そして、どんなお話をされたのか、顕微鏡で見て頂いた結果、どんな菌がいてたのか、記憶にないのですが、覚えている事は、この図鑑を出して来られて、状態が悪かったら、体中に伝染ってしまうので、しっかりとケアをしなさいという事…、皮膚病の所を舐めない様に、やはり、エリザベスカラーはしないとダメな様…。

そして、もしかしたら、アビのすけはストレスを感じている可能性があるので、そのストレスを和らげてあげる様に、との事…、アビのすけ、我が物顔で、思い通りに生きてると思っていたけど、ストレスなんかあるの…?

アビのすけにストレスがあるとしたら、それは、満足行くまで遊ぶ事が出来ない事だと思います、なんて、先生に言っていたのですが、先生から、「フェリウェイ」という、人間で言ったら、アロマみたいな感じのものだと思うのですが、落ち着くフェロモンを空気中に拡散する様な物を紹介されたので、私、思考能力も失せていたので、先生にお勧め頂いた通り、買って来ました。

この「フェリウェイ」に関しては、また、明日以降に、写真も載せて、ブログに書かせて頂こうと思います。

最後、行きも帰りも、車の中でずっと鳴いていたアビのすけ…、そんなアビのすけの、帰りしの車の中の様子をアップさせて頂きます。

動画を録画している時は、鳴きがゆるくなっているのですが、とにかく、私が運転している時は、このか細い、情けない鳴き声で、ずっと鳴いていて…、ほんと、気が滅入ってしまいました。

今晩は、猫たちと、ゆっくりと寛ぎたいと思います。


スポンサーリンク

4 thoughts on “アビのすけを動物病院に…、くたくたになりました…。

  1. もんきち

    こんにちは。ストレスとかフェリウェイみたいな問題行動時に使う民間療法みたいなものを薦めてきている時点で「よくわからない」ということなんでしょうね。

    獣医と言っても専門をお持ちの先生から、普通のホームドクターのような先生もいるので、
    「日本獣医皮膚科学会」の認定医(http://www.jsvd.jp/certifiedphysicianlist.html)に診察してもらうのが
    いいかと。
    専門医も「ストレス」ということなら、それはそれで原因がわかって安心すると思います。

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      もんきちさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      この度も、貴重なアドバイスを頂きまして、有難うございます。
      そうですね、我が家のアビのすけは、元気にマイペースで生活をしていると思っていましたが、アビのすけなりに、ストレスがあるのでしょうか…。

      また、アビのすけの皮膚炎の状況が快方に向かわなければ、「日本獣医皮膚科学会」の認定医の先生に診て頂く事も、検討させて頂こうと思います。
      いつも、有難うございます。

      返信
  2. パパさん、お疲れ様です。
    アビのすけ君のことは気を付けないといけない状態だったのですね。
    でも、すぐに病院に行って先生の指示がいただけて良かったと思っています。
    アビのすけ君にストレスですか・・・人間でも小さい子供の時は男の子の方が何かと身体の調子が狂いやすいと聞いたことがあります。
    猫は言葉が喋れないから、何がどうつらいのかわからないことがあるけれど、パパさんにとってもアビのすけ君にとっても楽になれますように。
    人間でも、一見、陽気な人って意外と色々と考えていることがあります。

    ロシ子ちゃんブログを読んで、ロシ子ちゃんの方は少しずつでも歯茎が良くなっていっているとのことで安心しました。
    採尿の注射器でおしっこが採れるものなのですね。
    初めて見ました。
    異常なしのようで良かったです。
    私は、お転婆ロシ子ちゃんに戻ってきて嬉しいです(^O^)

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      ロシ子アビのすけの事を心配して下さいまして、有難うございます。
      ミラちゃんに対しても、狸さんはそう思われていると思いますが、本当に、猫が言葉を話してくれたら、そこまで心配する事もないのでしょうが、状況が分からないだけに、やはり、過度に心配をしてしまいますよね。

      アビのすけに関しては、様子を見ておりますと、確かに、よくお腹の辺りを舐めてるんですよね…。
      なかなか、1日中、エリザベスカラーをはめるのもかわいそうで、こういう時は、心を鬼にしなければいけないのでしょうけど、あまりにも快方に向かわなければ、1日中、エリザベスカラーをはめざるを得ないかな、なんて思っています。

      そうですね、ロシ子にお転婆が戻って来たのは、私もとっても嬉しいのですが、あまりにもお転婆になり過ぎると、私としては、困ってしまいます。(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です