ロシ子に奇襲攻撃を仕掛けるアビのすけ…、てめえ…!


かわいい顔のアビのすけ。これは、おとといの朝のアビのすけの様子…、確か、朝の6時過ぎだったと思いますが、アビのすけは朝っぱらから、本当に元気があり余っていて、本当に困ってしまいます。

この時は、こんなにかわいい顔して気取っていたアビのすけですが、この少し前に、アビのすけは、本当に大迷惑な事をやらかしてくれていたのです。

やんちゃ坊主なアビシニアン。いつもの様に、朝一番に、ロシ子をベットに連れ込んで、ロシ子と一緒に、気持ち良く温まって寝ていた私でしたが、テレビを見ようと思ってテレビの方を見てみたら、なんとアビのすけが、音一つ立てずに、ここに座っていたのです…、さすが猫…。

ロシ子はこの時、布団の中の私の左脇の所、写真で言うと左下の辺りですが、ここで丸くなって気持ち良く寝ていたのです…。

奇襲攻撃前のアビシニアン。そして、私が布団の中で、ロシ子を撫で撫でしていたのが悪かったのですが、アビのすけロシ子の居場所を発見して、まさに今から、奇襲攻撃を仕掛けますよっていうアビのすけの顔…、やばい…。

ロシ子にアタックしたアビシニアン。そして次の瞬間、アビのすけロシ子に奇襲攻撃を仕掛けて、ロシ子の上に乗って踏んづけて…、私はそのアビのすけにコラぁー…!

アビのすけはあっという間に、一目散に、ソファーを飛び越えて逃げてしまったのですが、その逃げてるアビのすけの姿も滑稽で、是非とも写真を撮りたかったのですが、アビのすけの動きの早さに、canonのデジカメは付いて行けませんでした…。

追い出されたロシ子。そしてこの後、私は起きて、部屋を出たのですが、Webカメラで部屋の様子を見てみたら、嗚呼…、ロシ子はやはり、アビのすけの攻撃を受けて、ベットから退散して来た様…、寂しげなロシ子の姿…、もの悲しい…。

布団に潜りこむアビのすけ。そして、アビのすけはどこだと思って、Webカメラをぐるぐると動かしたら、アビのすけはちょうど、布団の中に潜り込もうとしている所でした…、今から温まって、ゆっくりと寝るつもりだろ…、ほんと、てめえ、この野郎、って感じです。

布団の中のアビシニアン。そして2時間後位に、朝の猫たちのお世話をする為に、私が猫部屋に戻って来ると、多分、アビのすけは、さっきのまま、布団の中でぐっすりとお休み中でしょう…。

アビのすけが潜り込んだ場所。さっき、アビのすけが布団の中に潜り込もうとしていたのは、この矢印の辺りだったので、こそっとこの部分を覗いてやったら…。

面白いアビシニアン。いました、いました…、やっぱりアビのすけは、自分だけ温まって、ここで気持ち良く寝ていましたよ…、しかし、本当に笑ってしまうアビのすけ…、天真爛漫、やりたい放題のアビシニアンの小僧です…、きゃわいい…。

アビのすけのお腹のカサカサ。そして、話は変わりますが、今朝、アビのすけにブラッシングをした時に、アビのすけのお腹のカサカサの状況を見てみました。

アビのすけのカサカサ。昨日、このブログにアップしたアビのすけのお腹のカサカサの画像と比べても、状況は悪くなっている感じがする…、やはり、動物病院に連れて行った方が良さそう…。

明日、明後日と、仕事の予定がビッチリなので、アビのすけを動物病院に連れて行けるか分かりませんが、少なくとも、週明けには、アビのすけを動物病院に連れて行こうと思います。


スポンサーリンク

2 thoughts on “ロシ子に奇襲攻撃を仕掛けるアビのすけ…、てめえ…!

  1. タイトルを見て吹き出してしまいました(^O^)
    アビのすけ君、また何かやらかしたのね〜!!と。
    ロシ子ちゃんに奇襲攻撃ですか(-_-;)
    でも当のアビのすけ君は可愛い顔できょとんとしていますね。
    “ボク、何か悪いことをしたの?”とでも言うように。
    ロシ子ちゃんを追い出して自分はヌクヌクですか・・・。
    パパさんの怒りが手に取るように伝わりました。

    また、ロシアンブルーっていじらしく見えるのです。
    私は、つい、ミラがロシアンブルーのステラにちょっかいを出すとステラが可哀想に見えてしまって、つい、ミラを注意してしまいます。
    ロシ子ちゃんも、アビのすけ君におとなしく追い出されてしまったのだろうな・・・と私の方がいたたまれなく感じてしまいました(当のロシ子ちゃんは慣れたものだったりして?)

    パパさん、お忙しい中、今度はアビのすけ君の病院なのですね。
    お疲れ様です。
    でも病院で診てもらうと安心です。

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      そうなんです、アビのすけは、ただ単に、ロシ子と遊びたいだけだと思いますので、一向に悪い事をした気がないでしょうし、きょとんとしてるのも当たり前ですよね。
      ちょっと私が大袈裟にアビのすけの様子を書いてしまったかも知れませんが、私は、ブログでアビのすけの文句を書きながらも、そんなアビのすけの事を、微笑ましく見ているんですよ。

      そうですね、ロシアンブルーは性格が穏やかな猫種だと思いますので、可哀想に見えてしまう事があるのは、その通りだと思います。
      ロシ子アビのすけを見比べてみましても、やはり、圧倒的に、ロシ子の方が耐えてる様に見えてしまいます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です