アビシニアン レッドの、アビのすけの血統書が届きました。


晩ご飯待ちのアビシニアン。これは、おとといの晩の写真ですが、この日はロシ子の2年7か月の誕生記念日だったので、アビのすけにも美味しいご飯をあげたのですが、この写真は、その美味しい晩ご飯を待ってるアビのすけの様子。

この日も私は忙しくって、22時18分30秒の段階でも、猫たちに晩ご飯を出してあげられてなかった状況で…、確か、午後10時40分頃には、晩ご飯を出してあげれたんだったと思います。

パウチと成猫用のカリカリ。これは、そのアビのすけにあげた美味しいご飯ですが、パウチはいつものモンプチの仔猫用のパウチですが、今回から、カリカリが成猫用のロイヤルカナンのインドアに変わりました。
アビのすけの晩ご飯。ピンクのお皿のせいで、写真の色がおかしくなっていますが、カリカリを粒の大きい成猫用にしてからは、しっかりとカリカリも1回で完食をしてくれて、子猫用の小粒のカリカリの時には、粒が小さくて、見えてなかったのか、1回で食べ切る事が出来ない事が多かったのですが、お皿をさっと下げる事が出来るので、今は本当に助かっているのです。
美味しいご飯を食べるアビシニアン。そして、アビのすけにパウチ&カリカリの晩ご飯を出してあげたら、アビのすけ、いつもと同じ様に、尻尾をピンと立てて、嬉しそうにご飯を食べ始めてくれました。
ガツガツ食べるアビシニアン。本当に、アビのすけがご飯を食べる勢いは、何日もご飯を食べていなかった子の様に、ものすごい勢いでガツガツ食べるのです…、そんなにガツガツ食べなくても良いと思うのだけど、その落ち着きのない所が、まさにアビのすけなのです。
あっという間に完食のアビシニアン。そして、本当に本当に本当に、あっという間に完食をしてしまったアビのすけ…、本当にすごい食欲で、男の子らしくて良い感じ。
アビは完食、ロシ子は食べず。アビのすけのお皿はすっかりきれいになったと言うのに、ロシ子のお皿は残念な状態に…、ロシ子が折角のご馳走を食べていない様子は、昨日からの ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記 にアップしてますので、良かったらまた、ご覧になって下さいね。
アビシニアンのアビのすけの血統書。そして最後は、少し前にブリーダーさんから送って頂いてた、アビのすけの血統書をアップさせて頂きます。

しっかりと「LE CHAT BLEU ABINOSUKE」って、アビのすけの正式な名前が書いてありますね…、ちなみに「LE CHAT BLEU(ルシャ ブルー)」っていうのは、アビのすけを譲って下さったブリーダーさんのキャッテリーの名前です。

アビのすけのご先祖様のお名前については、個人情報(個猫情報?)になりますので、ぼかしておりますが、ご先祖様のカラーについては、どんなカラーのご先祖様がいたのか、遺伝的な事に興味があったので、そこだけはぼかさずにアップさせて頂きました。

やはり、圧倒的にルディーのご先祖様が多いのですが、たまにレッドやフォーンのご先祖様もいたおかげで、確率は少ないのですが、私が希望をしていたレッドのアビのすけが産まれたんですね…、面白い…。

一つ、この血統書を見て気になったのは、ご先祖様の中に「シナモン」っていう表示があって、「シナモン」ってどんなカラーなのかとネットで調べたら、どうやら、シナモンってレッドの事の様ですね。

とにかく私としては、やんちゃ坊主ですけど、とってもかわいいレッドのアビのすけが産まれて来てくれた事に、アビのすけのご先祖様にお礼を言わなければいけません。(笑)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です