アビのすけ、子猫用のカリカリを食べ終わりました。


バカ野郎なアビシニアン。まずは、バカ野郎なアビのすけの様子から…、これは、おとといの(土)の朝の事ですが、私の膝の上でロシ子のブラッシングをしていた時に、いきなりアビのすけが、テレビの上にジャンプして飛び乗って…。

私は、猫たちにテレビの画面を触られるのが嫌で、ロシ子が子猫の時には、テレビにもたれたりしただけでロシ子を叱っていたのですが、このアビシニアンのバカたれは、何回叱っても、テレビの中で指し棒が振り回されると、すぐにテレビに飛び掛かってしまって…。

私は心の中では苦々しく思っているのですが、アビのすけのしつこさに根負けしてしまって、事実上、アビのすけのやりたい放題になってしまっているのです。

テレビの画面を触るアビシニアン。この、バランスを崩してテレビの画面に爪を立てられるのが、私としては、一番嫌なのです…。

まぁ、私も徹底的に叱って、アビのすけに躾をしていないという事は、アビのすけのしつこさに負けて、許してしまっている事になるのですが、アビシニアンっていう事と、男の子っていう事で、ダブルでやんちゃなアビのすけなので、中途半端な叱り方では、とてもアビのすけには通用しないのです。
アビのすけのバカ野郎!川合さんとモモコさん、ドアップの顔をブログにアップしてしまってすいません…、我が家のバカ野郎のアビのすけをアップで写しただけなのです…。
仔猫用のカリカリの最終日。さて、今日の本題に入らせて頂きますが、これは、昨日のアビのすけの朝ご飯の写真ですが、昨日の朝ご飯で、アビのすけが子猫用のカリカリ、ロイヤルカナンのキトンのカリカリを卒業となりましたので、記念として写真を撮りました。

昨日は、アビのすけは生後9か月と17日目でしたが、アビのすけは生後10か月にならない段階で、カリカリについては、子猫用を卒業して、大人用を食べ始めました。

アビのすけは、「大人の階段、昇ーる♪」、大人のアビシニアンへの第一歩を踏み出しましたよ。
アビのすけの朝ご飯。ロイヤルカナンのキトンのカリカリに、モンプチの缶詰を合わせて、アビのすけの昨日の朝ご飯が完成です。

ちなみに、カリカリについては、アビのすけは子猫用を卒業しましたが、缶詰については、アビのすけが1歳になるまでの分を計算して買ってしまっているので、あと3ヶ月ほど、アビのすけには子猫用の缶詰を食べて貰う事になります。
我が家の猫たちの昨日のお昼ご飯の様子。そしてこれは、我が家の猫たちの昨日のお昼ご飯の様子です。
ロシ子と同じお昼ご飯。アビのすけには、これからはロイヤルカナンのインドアをあげるつもりで、既に10kgの袋を買っていたのですが、まだ小分けにしてなかったので、昨日のお昼ご飯は、ロシ子と同じお昼ご飯、ロイヤルカナンのステアライズド アペタイト コントロールをアビのすけにもあげました。

ドーナツ型になっているのが、ロイヤルカナンのステアライズド アペタイト コントロールの特徴ですが、いつもと違うご飯に、初めは様子を見ていたアビのすけでしたが…。
ご飯を食べ始めたアビシニアン。1粒食べたら、それからはどんどん食べて行って、問題なく、大人用のカリカリを食べ始めてくれましたよ。
あまり噛んでないアビシニアン。バリバリと噛んでいる様な音は聞こえなかったので、アビのすけ、丸飲みしているのかな…。
あっという間に完食のアビシニアン。そして、ちょっとビックリしたのですが、今までは、ロシ子が食べ終わってからも、暫くの間は食べ続けていたアビのすけだったのですが、今回は、ロシ子よりも後に食べ始めたアビのすけが、ロシ子が食べ終わるよりも先に、あっという間に大人用のカリカリをきれいに完食してくれたのです。

多分、そうだろうなと思っていたのですが、今までの子猫用のカリカリは、粒がとても小さかったので、アビのすけは上手に食べる事が出来なかったのか、いつも隅の方のカリカリを残したまま食べるのを止めて、それでまた食べに来てって感じだったので、私は自動給餌器のトレーをなかなか下げる事が出来ずに困っていたのです。

でも、大人用のカリカリになって、粒も大きくなったので、アビのすけは上手に食べる事が出来た結果、1粒も残さずにきれいにお昼ご飯を完食してくれたのです。

自動給餌器のお昼ご飯の時には、アビのすけはお利口さんになって、ロシ子のご飯を食べに行く事は少なくなったのですが、一方、どちらかと言うと、アビのすけが残したカリカリをロシ子が食べに行く事が気懸りになって来ていたので、これでアビのすけが完食をしてくれると、そんな心配もなくなるので、ちょっとした事なのですが、これは私にとってはとても嬉しくて安心出来る事なのです。

そして、昨日の晩ご飯から、アビのすけにはロイヤルカナンのインドアをあげ始めたのですが、その様子は、また明日、アップさせて頂こうと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です