アビのすけ、このバカチンが…! Part2。


でかいアビシニアン。まずは、今日のアビシニアンのアビのすけから…。

振り向いた直後のアビのすけを撮ってしまったので、少しピントがボケているのですが、まぁ、アビのすけ、かわいく写ってるんじゃないかな…。

それにしても、やっぱりこのアビのすけのレッドのカラーは人目を引くなぁー…、と言うか、目立つのかな…、瞳も真ん丸に写っているので、このアビのすけの顔は、良い感じで写ってますね。

アビのすけの悪戯、第2弾。さて、昨日に引き続きまして、アビのすけの悪戯の第2弾ですが、これは、ベットの頭の方にある障子なのですが、この数日、アビのすけがごそごそ、ごそごそ、やっているなと思って見てみたら、障子がぺらぺらと剥がれていたのです。

我が家の障子は、ロシ子が我が家に来る時に、全て、紙からプラスチックの障子に貼り換えたので、猫たちに破かれる事はないのですが、アビのすけが障子にもたれたりしているので、プラスチックの障子が剥がれてしまったのです…。
障子の修理をしました。猫たちがいない生活だったら、お尻の重い私は、多分、この状態で、1年も2年も放置している事だと思うのですが、いつまでもこの状態で放置しておいたら、猫たちに一層、悪い状態にされてしまって、一層、手間が掛けられてしまう事を学んだ私は、重いお尻を上げて、おととい、修理に取り掛かろうと思ったのです。

そしたら、すぐにアビのすけがチェックにやって来て…、本当にアビのすけはビックリする位の野次馬なので、野次馬根性丸出しで、すっ飛んでやって来たのです…。
かわいいロシ子もやって来た。かわいいロシ子ちゃんもやって来ましたね。

アビのすけが来るのは、本当に本当にいらん事しーだし、物凄くしつこいので鬱陶しいのですが、普段はおとなしいロシ子がやって来て、かわいく悪戯をしてくれる事は大歓迎…!
アビのすけが悪戯を始めた。ほら…、ロシ子はおとなしくしているのに、アビのすけは早速、悪戯を始めましたね…。

障子が剥がれた事も、言ってみれば、アビのすけの責任ではないのですが、アビのすけが障子にもたれて、ほんの少し障子が剥がれた事に気付いて、悪戯ポイントを見つけたアビのすけが、しょっちゅう、ベットで寝ている私の頭の所で障子をカリカリしていたから、ここまで剥がれてしまったと思うのです。
悪戯モードに入ったアビシニアン。アビのすけ、悪戯モードのエンジンが掛かってしまいましたね…。
懲りないアビシニアンの男の子。私の目の前で、私に臆する事なく、よくもまぁー、こんなに堂々を悪さが出来ますね…。

日頃、アビのすけが悪戯をしたら、私は案外、アビのすけの事を叱って来たつもりなのですが、私に叱られる事なんて頭にもなく、もう、遊びに必死なんでしょうね…。

また、近々、その様子を動画に撮って、アップしようと思っていますが、昨日の晩、レーザーポインターでアビのすけと遊んであげたら、それはそれは大興奮して、レーザーポインターの光を追い掛けていたのです…、本当にビックリしてしまう位の勢いで走り回って、この執着心と言うか、やんちゃ加減には、さすがの私もビックリする程だったのです…。
悪戯が激しいアビシニアン。アビのすけ、悪戯モードのエンジンが全開になってしまいました…、こんな事をあと1日、2日、されてしまっていたら、簡単には修復できない位にされてしまったと思うので、重いお尻を上げて、直しておいて良かった…。

こんなアビのすけの様子ですので、この場では落ち着いて修復する事が出来ず、1階に障子を持って下りて、ゆっくりと直させて頂きましたよ。
修復した障子を再設置。そして、貼り直した障子を、元あった場所に再設置…、野次馬根性のアビのすけは、すぐに私に付いて来て、障子をはめている所をガン見して、好奇心旺盛と言うか、とにかく、アビのすけはしつこく付きまとって来るので、大変…。
匂いを嗅ぐアビシニアン。そして、障子の匂いを嗅いで、敵ではないかを確認するアビのすけ…。
障子にもたれるアビシニアン。そして、いつもの様に障子にもたれるアビのすけ…、よし、障子も剥がれない事だし、これで1つ、問題も解決です。

さっきも書きましたが、猫たちがいなかったら、放置され続けていたであろう障子も、猫たちがいる事によってきれいに直って…、この障子に限らず、万事がこんな感じなので、猫たちのおかげで、私も規則正しい生活が出来てるし、家の中の具合が悪い場所も、猫たちのおかげで重いお尻を上げて修理する事が出来ているし、猫たちには感謝をしなければいけません…。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です