アビのすけのかわいい声、アビのすけのシャンプー。


アビシニアンのアビのすけ。これは、昨日の晩のアビのすけ…、アビのすけは頭が小さくて、体はその割にはしっかりと大きくて、跳躍力がありそうなとってもスタイリッシュな猫ちゃんなのですが、顔はこの通り、かなり不細工に写真に写ってしまいました…、ごめん、ごめん、アビのすけ…。

顔は不細工に写ってしまったアビのすけですが、レッドのカラーはとっても綺麗なアビのすけでして、この綺麗なレッドの毛並みを保つ為にも、昨日、前回の6/10(水)のシャンプー以来、約2週間半ぶりにアビのすけにシャンプーをしましたよ。

お風呂にいるアビシニアン。この写真は、昨日のお昼、アビのすけをお風呂に連れて来て、籠から出して私が抱っこしている所なのですが、このアビのすけの顔は、とってもとってもかわいい…。
美猫なアビシニアン。明るいお風呂にいるからか、照明の加減でアビのすけのレッドのカラーが際立って、めっちゃかわいいアビのすけ…。

アビのすけの顔がかわいいと言うよりも、レッドのカラーの雰囲気がかわいいのかも知れませんが、この写真のアビのすけもとってもかわいい…。
湯船に浸かるアビシニアン。そして、ぬるいお湯で満たされたバケツの湯船に浸かるアビのすけの様子…、初めは、アビのすけがしっかりとお湯に浸かる様に、私がアビのすけの体を押さえていたのですが、あまり水を嫌がっていないアビのすけの様子に、途中からはアビのすけに手を添える程度…。
水か嫌いではないアビシニアン。この写真もそうですが、アビのすけの体に私の手を添えているだけ…、そう、アビのすけロシ子ほど、水が嫌いではない様なのです。
ゴロゴロ言ってるアビシニアン。そして、喉をゴロゴロ鳴らしていたアビのすけ…、ロシ子だったら、バケツの湯船から出たくって出たくって、って所なのですが、アビのすけはそれ程、嫌がっている感じではないのです。

お風呂の換気扇が周っている音が入っているので、ちょっと聞き取りにくいかも知れませんが、アビのすけのゴロゴロをお聞き下さい。

アビのすけのゴロゴロって、かわいい鈴の音の様な鳴き声と反して、がさつと言うか、いびきの様な太い音なので、ちょっとオヤジ臭いのですが、でも、お風呂に浸かりながらゴロゴロしてくれるって、お風呂を入れる立場の私からしたら、とっても助かるのです。

アビシニアンって遊び好きな猫ちゃんで、水遊びが大好きって書いてあるサイトもある様で、確かにロシ子とは違って、アビのすけはバケツの湯船の中に押し込まれるのは好きではないと思いますが、水浴びとかは好きそうな感じなのです。
ドライヤー中のアビシニアン。相変わらず、シャンプーでアビのすけの体を洗っている時に、手や足に付いた水気を払う為に、パタパタパタって手や足を振って水しぶきを飛ばしてくれて、私の顔が水だらけになるのが困るのですが、無事、シャンプーも終わって、ドライヤーでアビのすけを乾かし中…。

私の腕の所に、赤い引っ掻き傷が見えていますが、とにかく、私の体や腕や足は引っ掻き傷だらけで、ほんとに生傷が絶えないのですが、今回もアビのすけのシャンプーは無事に終わり、とってもお利口さんなアビのすけでしたよ。
おとといのアビのすけの顎。そして今回のシャンプーの時に、先日の動物病院の先生のアドバイス通り、アビのすけの顎ニキビの為に、アビのすけの顎をシャンプーで軽くごしごしして洗いました。

これはおとといの晩に撮った、シャンプー前のアビのすけの顎の写真ですが、かなりきれいになったとは言え、アビのすけの顎ニキビは継続中なのです。
アビのすけのビフォーの顎。かなりきれいなのですが、よーく見ると、黒いゴマが見えますね…。
シャンプー後のアビのすけの顎。そしてこれは、昨日の晩に撮ったアビのすけの顎…、シャンプー後のアビのすけの顎の写真ですが、それ程、ビフォーの写真と変わってなくて、黒い点々が見えてますね…。

昨日の alcさんのブログ に、少し、ルーク君に顎ニキビの事が書かれてあって、alcさんが行っておられる動物病院の先生のご意見も書かれていたのですが、顎ニキビって若い猫ちゃんにはよくある事の様で、4歳位になったら自然と治るので、特に治療は必要ないとの事ですので、私も参考にさせて頂き、我が家は毎晩、アクアリブでアビのすけの顎を拭く程度にして、特に気にしないでおこうと思っています。

それともう1点、今朝の朝ご飯で、アビのすけが朝ご飯を吐かなくなってから、丸2か月が経過しました。

もう多分、アビのすけは朝ご飯を吐く事はないだろうし、仮に吐いたとしても、それは慢性的なものではないと思うので、とっても安心しています。


スポンサーリンク

2 thoughts on “アビのすけのかわいい声、アビのすけのシャンプー。

  1. ひろっス

    本当美しい青年になってきました。初めて会ったその日から変わらず私の憧れの王子様です。素敵です。ポーズ決まってます。美しいです。

    余談ですが、うちの母は我が家のやんちゃ王子が大好きで大好きで大好きです。
    でも机の上に乗ったり。躾はめっちゃ厳しいです。
    実家に預けて帰ってくるたびいろいろ躾されて帰ってきます。(笑)
    やっぱり私も旦那さんもかわいいし、ちっさいってイメージなので実際強くたたいたりして躾できません。ですがウチの母は容赦ないです。
    虐待ではなく本気でボコります。
    ちゃんとお利口さんになって帰宅するので、なんか不思議です。
    そしてあらしもうちの母のこと大好きですよ。

    あと、段ボールですがウチの子も先日ガジガジしてたのですが、この間のアビのすけさんの誤飲事件以来少しピリピリして観察しているので、ダンボールはすぐに撤収しました。やっぱり飲み込むと怖いから~

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      ひろっスさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      ひろっスさんのお母さんの様な方がいらっしゃって、私的にはとっても心強いです。
      私も躾はとっても厳しくする方なのですが、ロシ子アビのすけのブログは、私と猫たちの記録として書いておりますので、以前、ロシ子に厳しい躾けをしていた時、正直にそんな事を書きましたら、誤解を受けて批判を受けた事もあったのです。
      ひろっスさんのお母さんもそうだと思うのですが、躾をする人間の心の底に、猫に対してかわいく思っている気持ちがあれば、猫にもそれは通じるものですし、きつく猫を叱っても懐いてくれると思うのです。
      年月と共に、かわいさ余って、私も甘くなってしまいまして、今ではほぼ、ロシ子を叱る事はありませんが、今でも私が声色を変えるだけで、ロシ子はビシッと言う事を聞いてくれますし、とってもお利口さんでいてくれますし、それは躾のおかげと思っていますし、飼主の怖さを教えているからだと思っているんです。
      一方、アビのすけに対しては、ロシ子の時とは比較にならない位、全然、甘いですし、怒鳴ったり、ピンタをしたりはしてますが、猫って人を見る目がありますので、アビのすけも、私が心の底から怒っていない事を見抜いている様で、まぁ、男の子という事もありますが、怒っても怒っても、本当に懲りずに悪戯をしています。
      最近は、私の考え方も変わって来まして、絶対にダメな事をしたら、とことん怒ってシュンとさせてやるのですが、一番は、猫たちが気持ち良く生活して、思いっきり悪戯をさせてあげる事が大事に思う様になって来ましたので、悪戯をされたら困る部屋には来させませんし、猫たちがいる部屋は、猫仕様の悪戯をされても良い部屋になって来ている事もあり、最近では、猫たちを怒る事も少なくなって来た様に思っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です