ヒヤリ・ハットなアビのすけ…、危ない所でした…。


好奇心旺盛なアビシニアン。相変わらずアビのすけは、超・好奇心が旺盛なアビシニアンの子猫ちゃんなので、Webカメラを動かすと、すぐにこっちを見て、カメラ目線を向けてくれるので、こんなにお茶目な顔をしたアビのすけの写真を撮る事が出来てありがたい…!

しかしよく見ると、絨毯はボロボロになってて酷い部屋…、もう少しアビのすけが大きくなって落ち着いたら、新しい絨毯を敷いて、きれいにしたいなぁー…。

ゴロンゴロン転がるアビシニアン。ゴロンゴロンと転がって、さっきとは反転になって写真に写ってくれるアビのすけ…、サービス精神まで旺盛で、アビのすけ君には感謝です。
バタン・キューと寝るアビシニアン。そして、バタンキューと寝てしまったアビのすけ…、天真爛漫なアビのすけ、寝る子は育つ、大きくなれよ…!
昨日の朝のベットメーキング中。そして、これは昨日の朝の事なのですが、いつもの通り、猫たちのブラッシングをして、猫たちのトイレの掃除をして、そして、猫たちにご飯をあげて、その間に、私は部屋中をアクアリブするのですが、部屋の中でも一番、清潔にしておきたい場所、私が寝ているベットにもアクアリブを吹き掛けようと、布団をめくって枕を動かしたら、何やらあるぞ…!?
アビのすけの悪戯。もう間違いなく、アビのすけの仕業なのですが、鈴がここに落ちていたのです。

私、猫たちが私の枕の上に乗って、肛門を直接、枕に付けて座られる事だけは絶対に嫌で、いつも、布団を枕の上まできっちりと掛けてベットメイクをして、それから部屋から出て行く様にしているのですが、おそらくアビのすけが、鈴をどっかからちぎって来て、咥えたままベットの上に上がった時に、口からポロっと落ちた鈴が布団の隙間から落ちて、枕とベットの頭の所の間に入って、この場所に鈴が鎮座していた、こんな流れだったのだと思うのです。
鈴の写真。これがその鈴の写真…、直径1cm弱の大きさの鈴なんですけど、これ位の大きさなら、遊んでいる拍子に、間違えて口の中に入って飲み込んでしまう可能性は大ありで、誤飲してしまったら、丸い形をしているので、腸の中でも引っ掛からずにお尻から出て来る可能性もありますが、でも、最悪はまた開腹手術なんて事もあり得る訳で、目を離すと何をしでかすか、とにかく危険なアビシニアンの男の子なのです。
鈴が付いていたおもちゃ。この鈴を発見した時に、私はどこからちぎって来た鈴か、すぐに分かったのですが、水色のおもちゃの方には鈴が付いていますが、ピンクの方には鈴が付いてなくって、このピンクのおもちゃの方の鈴を噛みちぎったんだと思うのです。
とぼけた表情のアビのすけ。この矢印の部分に、多分、鈴が付いていて、アビのすけはこのおもちゃのぼんぼりの部分に噛み付いて遊んでいる事が多いので、ほぼ間違いなく、ここにあった鈴を噛みちぎってしまったと思うのです…、とぼけた表情のアビのすけ…、ほんとにこのやんちゃ坊主…!

この2つのおもちゃも、ロシ子が子猫の時から大活躍をしてくれているのですが、アビのすけが来てからは、一層、ボロボロになって中綿まで出てしまってるし、ねぶり過ぎで黒くなってしまってて、多分、雑菌がいっぱいだと思うので、毎朝、集中的にアクアリブを吹き付けているのですが、これもそろそろ、買い換えてあげた方が良いなぁー…、絨毯と合わせて、アビのすけがもう少しだけ落ち着いたら、買い換えてあげようと思っています。


スポンサーリンク

2 thoughts on “ヒヤリ・ハットなアビのすけ…、危ない所でした…。

    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      ひろっスさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      アビのすけ、益々、かわいくなって来てますよ。
      おっちょこちょいな感じが、ついつい笑ってしまって、憎めない奴なのです!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です