去勢手術の翌日のアビシニアンのアビのすけの様子。


尻尾を舐め舐めしてたアビのすけ。これはおとといの朝、つまり、アビのすけが去勢手術をした翌日の朝一番のアビのすけの様子です。

朝からとにかく、尻尾や手術した辺りを舐め舐めしていたアビのすけ…、やっぱり、何かしっくりと来てなかったのかな…。

前日の晩の最後に撮った写真が、フラッシュを炊いてアビのすけを撮ったので、そのままフラッシュが炊けてしまいました…。

去勢手術の翌日のアビのすけ。同じアングルのフラッシュなしの写真をもう1枚…、この時はまだ、アビのすけの事を少しだけ心配していた私でしたが、でも心配をするまでもなく、とっても元気だったあびのすけだったのです。
アビのすけのなに。アビのすけが尻尾を舐め舐めしている間に、アビのすけ、少しだけあそこの写真を撮らせてよ…。
変なアビのすけのなに。何か、毛を剃られたアビのすけのあれって変なの…。
去勢手術後のアビのすけの体重。そして、去勢手術をしたらエリザベスカラーをはめなければいけないと思っていたので、去勢手術の当日の朝、アビのすけの体重を測ったのですが、去勢手術後もエリザベスカラーをはめなくても良いとの事で、普通に体重測定も出来たので、去勢手術後のアビのすけの体重も測りました。
アビのすけの体重は3,045g。去勢手術の翌日のアビのすけの体重は3,045g…、去勢手術前のアビのすけの体重が3,123gだったので、78gも減ってしまいました…。

それもその筈、去勢手術の当日は、朝ご飯と昼ご飯を抜いた訳で、晩ご飯もいつもより少ない量だったし、そして何より、摘出した玉玉の分の重さも減ってしまっただろうし、これ位、減ってしまっても仕方がないのですよね…。
体重測定の後はブラッシング。体重測定の後は、アビのすけ、ブラッシングをしよか…、こっちおいで…。
アビのすけの術後の経過。ちょうどこの体勢になったから、アビのすけ、去勢手術後の傷跡のチェックをしよか…、見せてちょうだい…。
アビのすけの手術の傷痕。ちょっと赤くなっている所が切った傷痕で、大体5mm位なのですが、こんな小さい部分からアビのすけの玉玉を摘出したとなると、昨日、アップさせて頂いたアビのすけの玉玉は、実はとっても小さかったんですね…、私も実物を見ていないので、そんなに小さかったとは思わなかった…。
おしっこが1滴。あれ、アビのすけ…、君、また、おしっこを1滴、チビッてるの…? 君はいつもチビッてるのね…。
アビのすけの朝ご飯の風景。そしてこれは、アビのすけの朝ご飯の風景…、前日の朝ご飯と昼ご飯を抜いて、そして念の為、晩ご飯も少しだけ量を減らしてあげてて…、なので、貪る様に朝ご飯を食べていたアビのすけ…。

動物病院の先生からは、食欲が落ちる事もあると聞いていたのですが、とにかくお腹がペコペコみたいな、そんな感じで朝ご飯をガッ付いてくれたので、これでアビのすけは大丈夫だと思えたのです。
凄い食欲のアビのすけ。おとといのこの朝ご飯以降、今日までのアビのすけの食欲はビックリする程、絶好調で、この調子だと、ロシ子の体重もあっと言う間に追い抜いてしまうだろうなぁー…。

今日なんかも、ロシ子アビのすけの取っ組み合いを見ていると、アビのすけは子猫なので勢いもあるし、体重もほぼ同じになって来たので、ロシ子が押さえ込まれている事が多くなって来ているんですよね…。

アビのすけが元気になったらなったで元気になり過ぎで、またロシ子との力関係で悩み事が出て来て、本当に悩み事って尽きませんね…、アビのすけは男の子なので力が強いのは当然だし、女の子のロシ子には優しくしてあげて欲しい…。

でも、我が家の猫たちはとってもかわいい子たちなので、そんな悩み事も私の幸せの内かも知れません…。


スポンサーリンク

1 thought on “去勢手術の翌日のアビシニアンのアビのすけの様子。

  1. ピンバック: 我が家に来て、丸2年1ヶ月になったロシ子ちゃん。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です