天真爛漫なアビシニアンの男の子、アビのすけです。


横着なアビシニアンのアビのすけ。これは昨日の朝だったか、昼だったか、こんな横着な格好をしているアビのすけ…、本当にアビのすけは、ロシ子がした事もない様な事を、どんどん、どんどん、やってくれるのです。

男の子がこんなにやんちゃだって、ロシ子アビのすけを比較して見てみると、明らかに違いが分かりますね…、面白い…。

面白いアビシニアンの男の子。基本的に私は、静かに生活をしたい方なので、ロシ子とだけで暮らしていた2年弱は、ロシ子が手間の掛からない猫ちゃんだった事もあって、かなり理想的な生活だったのですが、アビのすけが我が家に来てからは、一気にその静かな生活が消え失せてしまいましたが、諸々の事が落ち着いた今、今でも出来るだけ平穏無事に静かに生活を送りたいとは思っていますが、アビのすけが我が家に来てくれた事は、こいつバカだねーって、なかなか笑わせてくれる事も多いので、本当に良かったと思っているのです。
テレビの釘付けのアビのすけ。そしてこれはおとといの晩…、毎回、録画をしている「らららクラシック」を見ていて、この日はアビのすけのテーマソングの「剣の舞」だったのですが、オーケストラが演奏を始めた瞬間、アビのすけはこの状態…。
テレビ台に乗りかかるアビのすけ。そして、指揮者の指揮棒やドラムを叩くスティックの慌ただしい動きに、アビのすけもだんだんと気持ちが高揚して来たのか、テレビ台に体を乗り上げて…。
テレビをガン見のアビのすけ。人間の子供だったら「目が悪くなりますよ!」って、絶対にお母さんに怒られる位のテレビに近過ぎる場所に座ってテレビをガン見…、私、我慢、我慢…。
ロシ子がテレビを触ります。そして、アビのすけが堪らずテレビの画面を触った所で、私は雷を落としてやりました。

まぁ、アビのすけは懲りない男の子ですし、素早い動きに反応してしまうのは猫の本性という事もあって、怒っても怒っても、テレビの画面に触ってくれると思うのですが、それはそれでなかなか面白い事なので、叱りはしますけど、半分、楽しんでいる私なのです。
顔が真っ白なアビのすけ。そして最後は、トイレをしているアビのすけなのですが、アビのすけの顔が真っ白け…。

アビのすけがトイレに入ってから、また砂を激しく掻き始めたので、暫くアビのすけの様子を見ていたのですが、アビのすけはトイレの砂を掻きながら、顔と言うか、鼻先を砂に突っ込んで、匂いを嗅いでいるのか、何をしているのか…、とにかく顔面を真っ白にしてトイレをきばっていたのです…。

トイレのスコップ遊びも相変わらずだし、このやりたい放題ぶりは何ともしがたいのですが、まぁ、病気になって元気がなくなってしまうよりかは、やりたい放題にしている事は元気の証拠なので、仕方がないなと思って諦め始めている私…、何やかんや知らぬ内に、蟻地獄の様に、だんだんとアビのすけのペースにはまってしまっている様です…。


スポンサーリンク

2 thoughts on “天真爛漫なアビシニアンの男の子、アビのすけです。

  1. アビのすけ君、何とも利発そうな顔で上半身をもたげていますね。
    人間ぽくて見ていて飽きないです。
    背中まで布団を被っているところが何とも御茶目です。
    背中が暖かそうですね。

    テレビでは音楽番組で『剣の舞』が演奏されているのですね。
    アビのすけ君、自分のテーマ曲だということがわかっているのでしょうか。
    あの曲はまさにアビのすけ君のために作られたのではないか?と思うほどイメージにぴったりです。
    まあ実際はクルド人の男たちの戦に向けての曲として作られたらしいのですが。
    背中を伸ばして画面に食い入るアビのすけ君、
    「ふんふん、何だか僕のリズムに合っているような気がするんだけど・・・」
    と思っているような気がします(!?)

    ロシ子ちゃんだけの時もパパさんとのほのぼのとした温かい日々が綴られていて読んでいて楽しかったです。
    聞き分けの良いロシ子ちゃんであっても予想外の出来事があったりして、それはそれで刺激がありました。
    でも、その生活に慣れてきた所へ嵐を呼ぶ男・アビのすけ君がやってきて、ハラハラドキドキしながらも読んでいる私も楽しんでいます。
    アビのすけ君は底抜けに明るくてへこたれないのが良いですよね!(^^)!
    砂で真っ白な顔が好奇心旺盛なイタズラ坊主ぶりを示しています。

    ロシ子ちゃんブログも読みました。
    ロシ子ちゃんは静かにお水を飲むのですね。
    我家もステラは動きが滑らかで静かです。
    ロシアンブルーは動きがスマートなのでしょうかね。
    アビのすけ君が豪快に水を飲んでいる姿も想像できます。
    良いコンビだと思います。
    おしとやかな優等生の姉と腕白坊主の弟という感じで!(^^)!

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      アビのすけは本当に愛嬌があって、一緒に寝ている朝方なんかは、私の右腕に顎を乗せたり、腕を絡ませたりして、まるで人間の子供の様な仕草をしてくるんですよ。
      依然として、やはり、そっと寄り添ってくれる感のあるロシ子に対しての愛情の方が深いですが、アビのすけも本当に可愛くなって来ています。

      おとなしいロシ子に対して、真逆なアビのすけですが、それぞれ個性があって、真菌が落ち着いた今だから言える事ですが、多頭飼いも良いものだと思っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です