なかなかお利口さんなアビシニアンのアビのすけ。


テレビの画面に触るアビのすけ。これは、昨晩のアビシニアンのアビのすけの様子…、本当にこの男には疲れます…。

我が家のアビのすけは、日々、やんちゃ度が増して行ってて、最近のアビのすけのマイブームは、テレビの中で、バラエティの時なんかによく振り回されている指し棒に飛び掛かる事…、昨晩も、交響楽団の指揮者が振っている指揮棒に飛び掛かっていたあびのすけだったのです。

ロシ子も子猫の時は、テレビの中のゴルフボールとかに飛び掛かっていましたが、その都度、叱ってやったらしなくなったのですが、アビのすけには何回言っても通用せず…、猫本来の行動なので仕方がないし、私も叱ると疲れるので、私の根負け状態で、アビのすけの勝ちとなってしまいました…。(涙)

昼ご飯を待ちまくるアビのすけ。これは、昨日のお昼ご飯を待ってる我が家の猫たち…、ちょこちょこしたアビのすけは動き回る、動き回る…、見ているこっちが疲れてしまいます…。
待ち過ぎなアビのすけ。以前はロシ子がこんな感じでめっちゃお昼ご飯を待っていましたが、ロシ子も今ではアビのすけの待ち過ぎ状態に引き気味で…、本当にこの子たち、凸凹コンビです。
ベットの線。そして、1週間以上も前の事なのですが、元々、私が寝ているベットの頭の所には照明があって、そのコンセントのコードをロシ子が噛んでも大丈夫な様に、ロシ子が我が家に来た時にコードにカバーを巻いていたのですが、何やらアビのすけがその辺りをゴソゴソとしていたのです。

今までもそんな事はたくさんあったので、初めはそれ程、気にしていなかったのですが、ベットの頭の下の所をよーく覗き込んで見てみると、カバーをしていたコードの先にはまだまだコードが続いていて、アビのすけが噛み切ってしまいそうなやばい物もあって…。
アビのすけが噛み切ってしまいそうなコード。おとなしいロシ子ですら、子猫の時、私のスマホの充電器の、カバーが撒かれていないコードのギリギリの所を噛み切ってしまった位なので、やんちゃ度合いが半端ないアビのすけなら、何をしでかすか分からないので、ベットの頭の所の照明なんか、今までもほとんど付けた事もないし、根こそぎ、そのコードを引っ張ってやったら、これだけ長くてややこしい物が付いているコードだったのです。

参考までに、ロシ子が子猫の頃に充電器のコードを噛み切ったお話はこちらから
          →→→   とうとう、ロシアンブルーのロシ子がやってくれました。
アビのすけにとっての危険物。この電球なんかはパカッとはまっていたと思うので、アビのすけが悪戯をする事は出来なかったと思いますが、細い線なんかは確実に噛み切られていたと思いますし、そんな事を知らずに、私がコンセントをさしっ放しにしてしまっていたら、もしかしたら、そこからショートして出火していたかも知れないし、本当に子猫は何をさらしてくれるか分からずに、本当に危険ですよね。

ましてや、我が家のアビのすけは先月に誤飲で開腹手術をしているので、また開腹手術をさせる様な事になったら、ブリーダーさんにも申し訳ないし、動物病院の先生からは怒られるだろうから、少なくても1年位は、何事も起こらない様にしたいのです…。
(本音は、2度と開腹手術はさせたくありませんが…。)

最後に、これも1週間以上前の出来事ですけど、少しだけお利口さんになった、アビのすけの様子をご覧下さい。
今でも、トイレをしているロシ子に茶々を入れに行く事があるアビのすけで、そんな事をしたら、その都度、私は1階からご近所にも聞こえる程の大声で、「コラーーー」て吠えてやるのですが、この時はたまたまか、アビのすけロシ子のトイレの邪魔をしに行く事はありませんでした。

この時は、まだ2にゃんともエリザベスカラーをはめている時だったのですが、そうそう、アビのすけが最近はトイレの砂を撒き散らかさなくなったのです。

私が1階にいる時も、猫たちがトイレに入って砂を掻き始めたらWebカメラで音が聞こえるので、アビのすけがトイレに入っている時は、私、暫くの間、アビのすけのトイレの様子を見ているのですが、どうやら、エリザベスカラーを外した事で、事は好転している様なのです。

エリザベスカラーをはめている時は、トイレの正面に向かって右側の間口の広い砂がある方から入っていたアビのすけだったので、エリザベスカラーが邪魔になって、トイレの中でこっちを向く様にUターンをする事も難しく、それで、頭を向こうにした状態で砂を掻くものだから、砂がこっち側に撒かれまくっていたのですが、エリザベスカラーを外した今は、本来の入口のすのこの方から入って行くので、砂のある方の場所では頭がこっち側になって砂を掻くので砂が撒き散らかされない、こういう事なのです。

でも、今でもやっぱりアビのすけがトイレに入っている時は、何をさらすか分からないので、今でもアビのすけのトイレ中は、しっかりとその様子を観察をしている私なのです。

ちなみに、ロシ子は本当に出来た子で、以前も今も、アビのすけの様にやり過ぎな位、砂を掘る事もなく、おとなしく砂を掻いてくれるので、砂を撒き散らかす様な事はしないのです。


スポンサーリンク

2 thoughts on “なかなかお利口さんなアビシニアンのアビのすけ。

  1. りんこ

    もーーとっても分かります!
    可愛いけど困る…でも猫の習性なので根負けしますよね。
    りくは通販番組の水撒きホース・スケート選手のトリプルルッツに異常に反応するので、テレビが傷だらけです。
    パパさんのお宅のテレビは無事ですか?

    ロシ子ちゃんもイタズラした頃があったんですね(^^)
    可愛い顔でやってくれますね(笑)
    コードやカーテンなど、猫によってイタズラの仕方も違うのが個性があっておもしろいなと思います。
    パパさんが仰る『何をしでかすか分からない』と言う言葉も今は分かりますが、子猫は可愛いだけと思い込んでいた頃は唖然としていました(笑)
    出来るだけ歩み寄って、お互い暮らしやすくするしかないですよね^_^;

    戸に近づくアビのすけ君、とっても可愛いです(*^^*)
    以前は逆だったのに!
    すっかりパパさんの家族になったんだなぁとほっこりしました。

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      りんこさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      そうなんですね、りんこさんの所のテレビは傷だらけになってしまっているのですね。
      我が家のテレビは、元々、私が画面を拭くのが面倒臭かったので、ロシ子には絶対に画面に触らせない様に躾けたのですが、アビのすけには根負けをしてしまってて、今はまだ綺麗ですが、これから傷だらけになってしまうかも知れません…。
      初めはアビシニアンのあまりにも運動量の多い事に辟易としていましたが、本当にアビのすけは人懐っこくて、悪戯もたくさんしてくれるんですけど、一緒に寝てる時なんかは、無邪気な顔をして、とってもかわいいんですよ。
      以前、数回、りんこさんに「多頭飼いも考え物です。」みたいなコメントをお返しさせて頂きましたが、今後また、私の考えも変わるかも知れませんが、でもやっぱり、大変ですけど、多頭飼いも良い物ですよ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です