アビのすけの成長と、真菌の培養検査の結果。


アビのすけの体重測定。今日は恒例の我が家の猫たちの体重測定の日…、アビのすけの体重も測りましたよ。

この1週間、アビのすけのご飯の量を、カリカリを各食5gずつも増やして来て、カロリーで言うと1日当たり60kcal以上も増やして来たので、ぐっと成長してくれているだろうとは思っていましたが、やはり、グンと体重が増えていましたよ。

アビのすけを籠に入れて体重測定。アビのすけを籠に入れて体重を測り中…、いつもよりアビのすけはおとなしくしてくれていたので、すぐに体重を測る事が出来ました。
今回のアビのすけの体重は2,813g。今回のアビのすけの体重は、2,813g…、一気にジャンプアップして2.8kg越えで、3kgになるのはすぐですね…、と言うか、ロシ子の体重なんか軽く抜き去っていく事だと思います。
アビのすけも動物病院へ。そして、今日はアビのすけも動物病院に連れて行って来て、開腹手術をした抜糸後のお腹の状況を見て頂く事と、アビのすけの真菌の培養検査の結果が出たのでお聞きして来ました。
アビのすけ、診察中です。ロシ子の診察をして頂いた後に、先生にアビのすけを診て頂いたのですが、アビのすけのお腹の状況は問題なし。
診察を受けるアビのすけ。そして、3/18(水)にして頂いたアビのすけの真菌の培養検査の結果も出ていて、結果は、酵母様真菌・糸状菌・クリプトコッカスの3つの真菌が陰性という事で、3/18(水)の段階では、アビのすけの毛も真菌の時の様に、毛根に真菌が引っ付いた様な不潔な感じでバサッと抜けていたのですが、いずれにしても、アビのすけに陰性の結果が出た事は、私にとってはとても嬉しい事なので、本当に安心出来ましたし、良かったです。
診察が終わったアビのすけ。そして、先生とお話をしている中で、今月の16日でアビのすけも生後6か月になるので、次から次からなのですが、去勢手術の件で相談をさせて頂き、2週間後の4/21(火)の大安に、アビのすけの去勢手術をして頂く事になりました。

私が先生に、アビのすけには大きくなった貰いたいという事を、話の中で言っていたのですが、体を大きくするなら去勢手術の時期を遅らせた方が良いとおっしゃって頂いたのですが、去勢手術については早くしてしまいたいと思っているし、意図的にアビのすけに大きくなって貰うよりかは、普通に生後6か月で去勢手術をして頂き、その結果、普通に出来るだけ大きくなってくれれば良いと、アビのすけには思っているのです。
診察が終わったアビのすけ。そして、診察が終わって、待合室で待っている2にゃん…、ロシ子お姉はお利口さんだからおとなしくしているのに…。
あかんたれなアビのすけ。あかんたれなアビのすけはこの通り、籠の中で鳴きまくり…、分かった、分かった、もう少しで帰れるから待っててよ…。
アビのすけのブラッシング。そして、家に帰って来てから、解禁になったブラッシングをアビのすけにしたのですが、体の部分は何とかブラッシングをさせてくれたアビのすけなのですが、どうやらアビのすけの鬼門は尻尾の様で、尻尾を軽くブラッシングするだけでもシャーをして来たので、すかさず私、即、ピンタをしてやりましたよ。

この1ヶ月、アビのすけにもブラッシングをして来なかったのですが、やはり、生後、まだ浅い時に、しっかりと慣らしておきたかったブラッシングが出来なかったのは大きい…、でも、これからまた、しっかりとアビのすけにブラッシングを慣らして行こうと思っています。
アビのすけの抜け毛。アビのすけにも、まずは慣らす為に、軽く、軽く、ブラッシングをしたので、抜け毛の量はこんなもん…。

ちなみに、さっきのシャーの話の続きですが、私、ロシ子からシャーをされた記憶はほぼなくて、1〜2回程、ロシ子が子猫の時に、私が叱り倒した時に、ロシ子は恐怖のあまり、シャーをしてしまった事があったのですが、その時はショックで、ロシ子にシャーをされると、私は大いにショックを受けるのですが、アビのすけにシャーをされても何とも思わない私はどうなのでしょうか…。

アビのすけの事を男だと思っているから、男はちょっと位、反抗的でも良いと思っているから、アビのすけにシャーをされても、何とも思わないのかも知れませんね…。

でも、親であり、飼主である私の事を舐めてもらっては困るので、今後もアビのすけには、折を見て喝を入れてやろうと思っています。

そして最後にもう一つ…、今日の朝でアビのすけは4週間、朝ご飯を吐かなかった事になります。

誤飲をして手術をした事によって、全く吐かなくなったアビのすけ…、私的には本当に不思議な事なのですが、アビのすけも苦しそうに餌付く事もなくなりましたし、私の手間も大幅に削減されましたので、本当の良い様に我が家も回って行ってる様な気がしています。


スポンサーリンク

2 thoughts on “アビのすけの成長と、真菌の培養検査の結果。

  1. ロシ子ちゃんブログの方にまとめてコメントを書けばよかったのですが・・・書き忘れたので失礼します。
    アビのすけ君、吐かなくなったのですね。
    本当に良かったです。
    書きたかったのはこれです。

    腕白坊主のアビのすけ君ですが、写真ごとに精悍な男の顔になっています。
    おしとやかなロシ子ちゃんとはまた違う個性の猫ちゃんですが、私はアビのすけ君も大好きです。
    アビのすけ君の良いところは底抜けに明るくて叱られてもへこたれないところです。
    あと、人が好き!猫が好き!というところでしょうか。
    エリザベスカラーも外れたことですし、どんどん元気に走り回って欲しいと思います。

    去勢手術の予定が決まったのですね。
    何となく複雑な気持ちになる手術ですけれど当の猫にとっては身体が楽になる大事な手術なのですよね。
    無事に手術が終わることを祈っています。

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。アビのすけのブログにも、コメントを下さいまして有難うございます。

      本当に不思議なのですが、アビのすけは吐かなくなりました。
      おっしゃる通り、アビのすけはグングン大きくなっておりまして、長さで言ったらロシ子と同じ位になったのではないでしょうか。
      アビのすけはガリガリなので、体重はまだロシ子より軽いですが…。
      確かにアビのすけはめげませんね…、今朝も尻尾をブラッシングしたらシャーをして来たので、即、ピンタをしてやりましたが、アビのすけはピンタをされている自覚すらないのかも知れません。

      去勢手術って、どんな手術をするのか分かりませんが、いずれにしてもまたメスを入れる事になるので、ちょっと辛いのですが、動物病院の先生を信じるしかないので、お任せしようと思っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です