寝てるロシ子に、奇襲攻撃を仕掛けるアビのすけ。


水を飲むアビのすけ。この写真は、ちょうど1週間前のアビのすけ…。

この1週間、色んな出来事を提供してくれたアビのすけだったので、アップするのが遅くなりました。

遊んで、動いて、走り回った後は、いつも水分補給をする、アビシニアンのアビのすけ君なのです。

ここで少し、アビシニアンについて語らせて頂くと、とにかくアビシニアンって、水をたくさん飲みますね。

冬場は、(水)と(土)に給水器の水を交換しているのですが、ロシ子1にゃんの時は、この給水器を1つしか置いてなかったのですが、その給水器の1/4位しか水が減らなくて、つまり、ロシ子はあまり水を飲まない猫ちゃんなのですが、アビのすけが来てからは、2つの給水器が空になってしまう位で、つまりアビのすけは、ロシ子の5〜6倍の水分を摂取している事になるのです。

ロシ子が子猫の時には、水分を摂らす為に、なかなか苦労をしたのですが、アビのすけの場合は、その点は何も心配がなく、アビシニアンって、これだけ水を飲むなんて、私的には、アビシニアンの運動量の多さと同じ位、驚いた事だったのです。
ロシ子のご飯に気付くアビのすけ。さて、お話を元に戻しますが、水を飲んでいたアビのすけ君が、ふと、口を水から離したら、何やら、ロシ子お姉のご飯があるぞ、って事で、アビのすけが注目しています…。

ロシ子お姉は、なかなか、ご飯を一気には食べ切ってくれないので、残っているロシ子のご飯を発見すると、アビのすけのお邪魔虫な心が、アビのすけを支配してしまうのです。
体を伸ばすアビのすけ。そして、ロシ子のご飯を食べたらダメっていう事は、私から怒られる事もあって、何となく、分かっているアビのすけは、食べたらダメだという事は、頭では分かっているので、下半身はそのままの状態で動いていないのですが、でも、理性がいう事を聞かなくて、上半身をグンと伸ばして、覗き込もうとしてるんです。
ロシ子のご飯を食べようとするアビのすけ。そして、いよいよ、ロシ子のご飯を食べようとする瞬間、私の近所にも聞こえてしまう様な「コラ―ッーーー」の声で、一気に退散する、アビのすけ君なのです。

さっき、アビのすけの動画をYouTubeをアップしようと思ったら、「待て」が出来るアビシニアンちゃんの動画があったので見てみたら、ご飯を出しても、飼主さんの「よし!」の声が掛かるまで、お利口さんに、ご飯を食べ始めないアビちゃんがいて、賢い子だなぁーって思ったのですが、我が家のお茶目なアビのすけ君は、きちんと躾が身に付く様になるでしょうか…。
3日前のアビのすけ。これは、3日前のアビのすけ君の様子なのですが、冒頭の写真の時以降も、アビのすけロシ子のご飯に近づこうとしたら、その都度、躾をしているので、アビのすけも段々、分かって来ている様で、この通り、我慢をしているアビのすけ…。

ここまでは躾ける事は出来ると思っていたのですが、ここからが大変だと思っているのです。

私がいる時には、私から怒られるので、アビのすけロシ子のご飯を食べないと思うのですが、私がいなかったら、食べてしまうのは、ほぼ、間違いなし…。

それでも、もう少し、アビのすけに躾をしてみようと思っています。

誰にでも懐くアビシニアン。さて、今日の本題ですが、実は、昨日の昼前から今日の昼過ぎまで、私の母親がアビのすけに会いに来てくれまして…。

この写真は、今日のお昼前の写真なのですが、アビのすけは私の母親に対しても、ベタベタだったのです。

昨日、初対面の時は、臆病猫のアビのすけらしく、ビビッて近寄らなかったのですが、昨日の晩なんかは、私の所よりも母親の膝の上に乗ってしまっていたアビのすけでして…。
パパ譲りのアビノスケです。元々、アビシニアンっていう猫種自体が、人懐っこい猫種で、誰にでも懐くのだと、ネットとかには書かれていますが、アビのすけの場合は尚の事、お父さんおシャルロット君が、とっても社交的な子で、去年の2月と12月に、私がブリーダーさんの所に行った時、初対面の私に対して、何の人見知りもせずに、スリスリ攻撃をして来たくらいの子なので、その遺伝子を十分、受け継いでいるアビのすけは、やはり、誰にでも懐いてしまう子の様で、アビのすけが社交的な事は、とっても有難い事なのですが、私的には、ちょっとだけ、寂しい気持ちもあるんですよね…。
人懐っこいアビのすけ。でも、振り返ってみると、ロシ子が我が家に来た数日後に、私の母親が来てくれて、その時はロシ子も、私の母親の膝の上に乗ってたなぁー…。

ロシ子の場合は、成長するに連れて、ロシアンブルーの血が湧いて来て、警戒し過ぎる位の猫ちゃんになってしまったので、今後、アビのすけがどの様に成長して行くのかは、ちょっと、楽しみなんです。

でも、やっぱり、ほぼ、誰にでも懐いてしまう猫ちゃんになるだろうなぁー…。
警戒心の強いロシアンブルー。そして、ロシ子お姉はと言いますと、やはり、なかなか心を許さない猫ちゃんで、ようやっと、母親が帰る間際になって、ここまでの距離になりました。

でも、最終的に、母親の膝の上に乗る事はなく、勝手な飼主の気持ちなのですが、私的には、私以外には警戒心を出してくれるこんなロシ子が、もう、かわいくて、かわいくて、仕方がないのです。

昨日の晩は、ロシ子は緊張してか、何回も、私のベットを出たり入ったりしていて、アビのすけも興奮していたのか、これまた、ベットを出たり入ったりしていたのですが、今朝、私が目覚めた時には、2にゃんとも、私と一緒に寝てくれていて…。

今日の最後は、またまた、やんちゃなアビのすけの様子で締めさせて頂こうと思います。

アビのすけは、私が布団から出て、程なく、起きて来た様なのですが、ロシ子は寝不足だったのか、なかなか起きて来なくて、それで、アビのすけロシ子に、早く起きろーって、ちょっかいを出している様子です。

布団の中で寝ているロシ子の上で、ワンちゃんが穴を掘る様に、アビのすけロシ子を掘り出そうとしている様子で、このアビのすけという男は、何と大迷惑な男なのでしょうか…。(笑)

そして、なかなか起きて来ないロシ子に痺れを切らしたのか、アビのすけも布団の中に入って、直接攻撃を加えるのかと思いきや、私、暫く、Webカメラを見ていたのですが、何と、アビのすけも、そのまままた、寝てしまったのです…。

布団の上からの奇襲攻撃で起きないロシ子も、なかなか性格が太くなったと思いますし、アビのすけも、布団の中に入って、またロシ子に噛み噛みして、ロシ子が追い出されてしまう事を期待して、録画をしていたのですが、どうやらアビのすけは、ロシ子に噛み噛みをしなかった様で、アビのすけもお利口さんになって、一層、2にゃんも、お互いの事が分かって来て、仲良しになって来ている様な感じがしたのです。

ちなみに、今日の朝ご飯も、アビのすけは吐きませんでした。

何故、吐かなかったのか、明確な理由は分かりませんが、今日現在、2日連続で吐いていないので、今後も、毎日の朝ご飯を吐いたのか、吐かなかったかも、記録として書いて行こうと思います。


スポンサーリンク

4 thoughts on “寝てるロシ子に、奇襲攻撃を仕掛けるアビのすけ。

  1. ひろっス

    ロシ子ねぇ様お疲れ様です。とお伝えください。
    それにしてもアビのすけくん。掘るねぇ~。めっちゃ掘るねぇ。めっちゃかわいいけど。笑えますねぇ。
    昨日の記事ですが。吐いたりして大変だけど、順調に体重も増えさらにお利口さんに成長していってて
    パパさんも嬉しい限りですよねぇ。毎日見てると私も嬉しい♪♪

    返信
    1. アビのすけパパ 投稿作成者

      ひろっスさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      アビのすけ、アホでしょ…。(笑)
      やっぱり、ひろっスさんの所のあらし君もやんちゃですか…?
      男の子は本当に、女の子と比べると、比較できない位、やんちゃですね。
      人間と一緒で、やはり猫ちゃんも、精神年齢は女の子の方が上ですね…、女性はすごい…!

      返信
      1. ひろっス

        めちゃめちゃやんちゃですよー!
        鈍臭いんですけど…アビのすけくんは全く鈍臭いと感じないですねー!面白いところはあるけど。
        猫種の違いなんでしょうか?

        実は先程実家にあらしを預けてきまして…
        明後日までお別れ中です。こんなに寂しいだなんてー。泣
        私も日々あらしとの絆が深まっている過程なので。こうやって少し離れるとこんなに愛おしいものかと実感します。

        返信
        1. アビのすけパパ 投稿作成者

          ひろっスさん、こんばんわ。昨晩は旅行中でいらっしゃるのに、早々にお返事を頂きまして、有難うございます。

          あらし君、鈍臭いんですか、かわいいですね。
          完璧な猫ちゃんよりも、どこか、ずっこけている猫ちゃんの方が、断然、かわいいですよ。
          アビのすけも大概、アホですから…。

          旅行に行っておられるなんて、愛するご主人様とですか…、羨ましい。
          私もかなり、旅行に行きたくて、うずうずしています。
          あらし君をふと、思い出してしまうお気持ちは、よく分かりますが、安心出来るご実家に預けておられる事ですし、2~3日の事ですから、楽しんで来て下さいよ。
          その分、あらし君も再会を喜んでくれますよ。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です