いよいよ、明日、アビのすけが我が家にやって来ます。


ブリーダーさん宅にて。これは、約10日前の12/20(土)に、私がブリーダーさんのお宅に伺った時の、アビのすけの様子です。

ブリーダーさんに抱き抱えられて、アビのすけ、とっても、かわいいですね…!

そして、とっても小さかったんです…!

ブリーダーさんに抱かれるアビのすけ。この日は、まだ、皮膚病の可能性も、ほんの少しだけ、あるという事で、ブリーダーさんからは、撫でても良いけど、抱っこはしない様、言われていたんです。

それは、仮に、アビのすけが皮膚病だった場合、私が抱いてしまうと、そのままの状態で、我が家に帰って、ロシ子を抱っこしてしまったら、ロシ子に皮膚病が移るから、との、ブリーダーさんのお心遣いだったのです。
小さいアビのすけ。抱っこしてないので、どれ位の大きさか、どれ位の重さなのか、実感はなかったのですが、ふと、約2年前、伊丹空港にロシ子を受け取りに行った時、車の中で、ロシ子が入った籠を、少しだけ開けた時の、とっても小さかったロシ子の事が、頭に思い浮かんだんです。
左腕にまだ傷があるアビのすけ。この時は、全然、気付かなかったのですが、写真を見ると、まだ、アビのすけの左腕に、毛の抜けた箇所がありますね。

でも、今は、順調に回復している様なので、全然、安心している私なのです。
アビのすけのワクチン注射。
そして、この写真は、12/24(水)ですので、ちょうど1週間前、アビのすけに、1回目のワクチン注射を打って頂いている時の様子ですね。

注射を打つ前に、アビのすけの肛門に体温計を突っ込んで、体温を計っている所かな…?
今から注射を打たれるアビのすけ。

そして、これは、多分、今から注射を打たれる、っていう時の、アビのすけの表情でしょう。

何か、アビのすけ、神妙な面持ちになって、今から、やばい事をされるって、分かっている様な顔付きですね。
注射を打たれるアビのすけ。

そして、アビのすけ、ワクチン注射を打たれています。

この「痛いよぉー」っていう、「やめてよぉー」っていう表情が、そのまんまの表情で、笑ってしまいますね。
鳴きわめくアビのすけ。

「離してくれー」って、泣き叫んでいる様なアビのすけ…。

まるで、駄々っ子の様に、暴れている様な感じで、アビのすけは、ちょっと、我が強いのかな…。

やはり、ロシアンブルーよりも、アビシニアンの方が、手に負えないのでしょうか…?
アビのすけを迎える準備も完了です。

そして、これは、今日の我が家の状況です。

ケージも再度、セッティングして、アビのすけを迎える準備も完了しました。
ケージの中のアビのすけのトイレ。右側にあるトイレは、お姉ちゃんのロシ子のトイレ、そして、左側の、ケージの中にあるトイレが、アビのすけのトイレ。

もし、ロシ子が、アビのすけに威嚇する様な事があれば、ロシ子のトイレを移動しようと思っています。

さぁ、明日、いよいよ、アビシニアンのアビのすけが、我が家にやって来ます!

羽田空港を、朝9時10分に飛び立って、大阪の伊丹空港に、10時10分に到着する予定なので、我が家には、午前11時頃には着くかな…。

新年、新たな気持ちで、新たな家族とともに、また、良い年になる様、精一杯、張って行こうと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です