アビシニアンレッドの男の子が産まれました!


生後2日目のアビシニアンのアビのすけ。念願の、アビシニアンのレッドの男の子が、平成26年10月16日に産まれました。

約1年の間、我が家の先住猫ちゃん、ロシアンブルーのロシ子の為に、アビシニアンのレッドの子猫ちゃんを、お迎えしようと考えて来たのですが、ようやく、産まれて来てくれたのです。

そして、アビのすけが我が家にやって来る日も決まり(明後日の正月にやって来ます。)、それまでの間に、アビのすけが産まれてから、今日までの記録を、ブリーダーさんから頂いた写真と共に、アップさせて頂こうと思います。

この写真は、生後2日目の、アビシニアンのアビのすけ君の写真です。(一番、奥の子猫ちゃんです。)

産まれた日のアビシニアンのアビのすけ。
この写真は、アビのすけ君が産まれた、10月16日の様子。

お母さん猫のシャルロットちゃんが、そろそろ出産するのは知っていたのですが、今まで数回、レッドの子猫ちゃんが産まれて来なかった事もあって、私自身、あまり、期待していなかったのですが、この日は、早朝の5時頃から、ブリーダーさんからメールを頂いて、私が、そのメールを確認をしたのが、朝6時頃だったのですが、5時22分の、この日、2件目の「三頭目、レッドの男の子産まれました!」のメールに、私、飛び起きてしまったのです。
アビシニアンのレッドの男の子。

これも同じく、アビのすけが産まれた日の様子ですが、アビシニアンのレッドの猫ちゃんも、産まれたてって、背中はルディーっぽいんですね…、面白い。
おっぱいを飲むアビのすけ。

そして、これは、一番上の写真と同じ、生後2日目の、アビのすけの様子…、お母さんのおっぱいを飲んでますね。

ちなみに、アビのすけは、5猫兄弟の3番目で、1番目はルディーの女の子、2番目はブルーの男の子、3番目はレッドの男の子のアビのすけ、4番目はブルーの男の子、そして、末っ子がルディーの男の子なのです。
体が一番大きい、アビのすけ。

アビのすけは、唯一のレッドの赤ちゃんで、兄弟の中でも、一番、体が大きい様ですが、ブリーダーさんのご経験から、生後5日目までは、油断が出来ないとの事で、私もドキドキだったんです。
生後1週間のアビのすけ。

そして、これは、生後1週間になった、アビシニアンのアビのすけの写真です。

もう、油断の出来ない5日間も過ぎ、ブリーダーさんも「もう大丈夫だと思います。」との事で、私も、ホッと、一安心だったのです。
産まれたての赤ちゃんアビシニアン。

産まれたてって、ビックリする位、小ちゃいのでしょうね…、人間の掌サイズ位の大きさなのかな…。

なんか、触ったら、壊れそうで、怖いですよね…。
5日目で目が開いたアビのすけ。

アビのすけは、すくすく育っている様で、お母さんのシャルロットちゃんも、母乳の出が良い様で、栄養が行き届いているのか、アビのすけは、生後5日目で、ただ1にゃん、目が開いた様…。

普通だったら、何日目に目が開くのかは、分からないのですが、でも、アビのすけが、兄弟の中でも、一番、健康に育っている事だけは、間違いない様ですね。
生後23日目のアビシニアンの兄弟たち。

これは、生後23日目の、アビシニアンの兄弟たちの写真ですね。

ルディーが2にゃん、ブルーが2にゃん、そして、レッドのアビのすけの、合計5にゃんが、勢揃いですね。
小さいアビシニアンのレッド君。

アビのすけは、兄弟の中でも、一番、大きく、育っていて、性格も落ち着いている様で、このまま、優しい子に育って欲しい…。
かわいいレッドの赤ちゃん。

しかし、1にゃんのお母さんから、色んなカラーの子猫ちゃんが産まれるなんて、面白いですね。

そして、ルディーの兄妹ちゃんもかわいのですが、レッドのアビのすけは、カラーも明るくて、目の周りのホワイトが引き立って、かわいいですね。
お母さんと比べると小さいアビのすけ。

先日、ブリーダーさんのお宅に、訪問させて頂いて、お母さんのシャルロットちゃんにも会わせて頂いたのですが、この写真、そのシャルロットちゃんと比べると、ほんと、小さいですね。

シャルロットちゃんも、大きい方ではないのですが、そのシャルロットちゃんと比べて、この大きさなので、さぞかし、小さくて、かわいいのがと思います。


スポンサーリンク

1 thought on “アビシニアンレッドの男の子が産まれました!

  1. ピンバック: アビのすけの目やにがとろ~ん…、動画を撮ってみた。(笑) | アビシニアンのアビのすけブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です